FC2ブログ

2019-10

Latest Entries

海人君☆Men's Staff

店名:Men's Staff
名前:海人君

スペック:サイズ : 175×75×23 B105 P18
色黒はっきり顔イケメン九州男児・短髪・アゴヒゲ・ゲイ
スポーツ : ウェイトトレーニング

バックタチウケ : タチ・バックタチ ウケ 3P・遠方 ※バリタチボーイ

紹介文:性欲の秋!新人食べ盛り企画第5弾!       
▼未完の大器!満を持してデビュー!
 メンスタの若きNEW STAR☆ 極上テクのバリタチマッチョ!チンコは、
 
上反り・バツグンな起ち・最高の形!
 業界では引っ張りだこ間違いないガタイとルックスも必見です!
 イケメンにSっぽく責められよう!
 タフでエロいパワフルなオトコのSEXに卒倒者続出中☆精子満タン
 準備万端でお待ちしてます!
 ウケを徹底に研究し尽くし何人ものウケを狂わせてきたつわものです!
 ウリは初めて鮮度抜群!

 画像はこちら

【前説】

最近めっきり売り専ともご無沙汰なアタシ。かれこれ2ヶ月くらい行ってないかしら? でも久しぶりにケツが疼いてきちゃってネットを調べ始めたの。でもあっちこっちのホムペを見ても「このボーイさんだわ!」って子にはなかなか出会わない。そして最後にチェックしたのはメンズスタッフのホームページだったの。

最近めっきりご無沙汰のメンズスタッフ。気がつけばしっかり値上げされてるメンズスタッフ。それにバリウケボーイさんか、ホントはウケなのに頑張ってタチもやりますな似非リバボーイさんしかいないような気がしたもんだからご無沙汰だったのよねぇ。似非リバボーイさんというのはアタシの勝手な思い込みかもしれないけれどごめんあそばせ。

改めてメンズスタッフのホムペを見たわ。スタッフ紹介ページを見たけど、相変わらずガタイをしっかり鍛えている素敵なボーイさんばかりだわ。これだけ身体の凄いボーイさんを揃えているっていうのはやっぱりさすがね。アタシ感心しちゃったわ。そんなことを思いながらボーイさんを見ていたら、あるボーイさんに目がとまったの。それが今回指名した海人君なの。

まずは、ボーイさんの紹介文を見てくださいませ。これだけバリタチなプレイを喧伝しているボーイさんの紹介文ってのも滅多にないわよ。ボーイさんの紹介文なんてどうとでも書けるけれどここまでバリタチだと書いてあるからにはボーイさん本人もよほど責めに自信があるんでしょ? そんなやる気満々な自信が感じられる説明文にアタシは釘付けになってしまったの。

でもねぇ・・・・海人君という名前を聞けば、BODYPLANTのチョー手抜きボーイの海斗君を思い出しちゃうのよ笑。海人って名前、縁起が悪いわ。だからメンスタの海人君は大丈夫かしら?なんて思いながら、受話器を取ってメンスタさんに電話をしたの。

いつもの声の高いマネージャーさんが電話口に出て、海人君を指名したいことを伝えたわ。ボーイさんのスケジュールを見ても海人君っていっつもソールドアウトじゃない?いちおうホムペでは明日は空いてるみたいだけれど大丈夫かしら?

・・・なんてホムペのソールドアウト表示を無邪気に信じていた私なんだけれど、以前某メンスタのボーイさんを指名して話をしたとき、「○○君は先週もずっとソールドアウトだったじゃない?凄い人気なのね!」ってアタシが聞いたら、「先週は休みで全然こっちの仕事してなかったんですよねえ。ホームページはソールドアウトの表示になってました?笑」なんて逆に聞かれたわ。

それを聞いて「あぁそういうことなのね」って思ったわ。ホントにホントにソールドアウトなこともあるんでしょうけれど、ボーイさんが休みの時は「休み」って書かないでソールドアウトって表示にしておけば、アホな客・・・・・ってアタシのことだけど・・・・・・は「彼って人気ボーイさんなんだからプレイも良いんでしょうね!絶対指名しちゃうわ!」なんて勘違いして指名を入れちゃうんだわ~。そんなカラクリを知ってしまってからはメンスタのソールドアウト表示は信用できなくなっていた。でも本当にソールドアウトな場合もあるので、この海人君にはかなり期待をして指名したって訳よ。

【本題】
予約をした日、アタシはメンスタの個室に向かったわ。階段を上がってドアのチャイムを押すとすぐにドアが開いて男が姿をあわらした。背が高くて今っぽくて大人しい感じのボーイさん、それが海人君だったわ。

大人しめな声で「どうぞ」と招き入れられ中に案内される。部屋は暖房が効いて暖かい。アタシはコートを脱いで、海人君の第一声を待つ。先日のアワードのところでも書いたけれど、ここでいきなり「シャワーを浴びますか?」と聞いているボーイさんはほとんどアウトだから。

今回の海人君は20代前半の若いボーイさんと言うこともありアタシはドキドキしながら彼の言葉を待っていたわ。そうしたらね、初めましての挨拶から結構自然に会話に入っていったの。あ~いきなりシャワーを浴びるんじゃないんだわ~ってアタシ安心しちゃったわ。

その後、結構あれこれと話したアタシ達。その会話の中でも「この間タチのお客さんが来たんだけど、逆にケツ開発しちゃったんだよね」なんて勃起物のチョーバリタチ発言もあってアタシは終始ドキドキしていたわ。

それに海人君の顔ってちょっとオリラジのあっちゃんにも似てるような気もしてアタシ結構好きな顔かも。年が若い割には落ち着いた感じがする海人君ってベッドではバリタチなんだわ~って想像するだけでアタシ股間が疼いちゃった。いやん。

気がつけば結構長いあいだ話していてアタシ達。気がつくとプレイの時間も短くなってきたわ。だから、そろそろシャワー浴びようっかって、アタシから切り出しちゃった。そうして、お互いに服を脱ぎ始める。海人君は着ていたスウェットを脱ぐ。そうしたら、ホムペの画像より少しだけ細く見える鍛えられた素敵な体があらわれた。いや~ん若い男の締まった体っていつ見ても素敵!アタシすっかりオバサンになった気分で彼の裸を眺めていたわ。そしてパンツも脱ぐ海人君。パンツの下には、ちょっと大きめの竿が隠れていたのね。この竿がギンギンに勃起してバリタチ海人君の刀としてアタシをズブリと刺すのだわ~。

シャワーを浴び終わってベッドに横になるアタシ、それを見ている海斗君。アタシは海人君がすぐにアタシの上に覆い被さって抱きしめてくれるのを待っていた。海人君がベッドに乗ってきてアタシの横に座ったわ。え?どうしたのかしら?と思ったら、指が伸びてきてアタシの乳首に触れたわ。そうして、アタシの乳首を愛撫しはじめたの。

でもね、その愛撫はなんだかヤル気のない愛撫。ちょっと拍子抜け。でもそれは海人君が若いからしょうがないことなのかもしれない・・・・そう思って海人君の様子を見ていたの。でも、彼の愛撫は相変わらず単調で心の中でアタシが「もっとしてもっとして!」なんて思っていることなんて全然想像できない様子で、あっという間に乳首への愛撫は終わったわ。

そうして、アタシの股の間に滑り込んだと思ったら、アタシのチンコをしごき始める。そのしごき方は乳首の愛撫同様に単調で、また拍子抜けしてしまった。ここまでくるとアタシは海人君に対しかなり心配な・・・・というかかなりの不安を感じ始めていたわ。

だって客の体に極力触れないセックスの仕方がBODYPLANTの海斗君にそっくりだったから。同じ名前だから愛撫の仕方も一緒って訳じゃないんでしょうけど、でももしかしたらそうなのしれない・・・・と思ってしまうほどに同じような単調な・・・・全然気持ち良くない形だけの愛撫だったの。

でもねでもねアタシ最後に望みを繋いでいたわ。それは海人君がバリタチだってこと。指や口を使っての愛撫が下手だっていいの。ケツマン責めるのが上手ければそれでいいのよみたいな・・・・そんな気持ちだったのよ。

チンコをしごかれてしっかり完全勃起してしまったのを見届けた海人君は「こっちにも欲しい?」って聞いてきたわ。こっちっていうのはもちろんケツマンコよ。アタシは「うん・・・・欲しい」ってか細い声で答えたわ。そうしたら、海人君はアタシのケツマンコにゆっくり指を入れてきたわ。

彼の指はそのまま迷うことなく奥まで入ってきてダイレクトにGスポットを直撃してきたの。アタシ、いきなり気持ちよくなって「あ・・・・あぁん!」って女みたいな情けない声を上げてトコロテンしてしまったの。こんなにあっという間に漏らしちゃったのは初めて。

でもそんな前立腺責めはこの1回だけじゃなくて、「なに?ここが気持ちいいの?」なんてアタシに聞きながら、またGスポットをこすりあげるの。「あぁん・・・あ・・・」と声を上げてアタシまたザーメンを漏らしてしまったわ・・・。

凄いわ海斗君、さすがにアナル責めが得意って言ってただけあるわ。アタシもうトコロテン地獄みたいよ・・・・・・。

そんなふうにアタシのケツの奥のGスポットを的確に擦りあげる海人君のテクに脱帽・・・・・・。そして彼はアタシがトコロテンを繰り返すほどに感じていることを理解すると、アタシのチンコをしごきはじめる。アタシは前立腺をこすりあげられながらチンコをしごかれるとダメなのよ。あっという間に行っちゃいそうになるのよね。

今日もそう。ケツマンコに指を出し入れされながらカリを小刻みに刺激されたらあっという間に行ってしまいそうになる。アタシは「ヤバイわ!」って思って海人君にストップしてって言ったわ。でも、海人君は「行っちゃえよ」って言ってしごきつづけるのよ。アタシは本当にマズイと思って海人君の手を制止した。

海人君ったら本気でアタシを行かせようとしてたわね。アタシ思ったわ。「海人なんなのかしら?」って。散々トコロテンしておきながらアタシも図々しいけれど、でもねアタシは別に前立腺の快感を感じたくて売り専に行ってるんじゃないのよ。バリタチのくせして指だけで行かせようなんて手抜きは困るわ。

だからアタシはマジになって海人君の手を止めたの。我ながら大人げないと思ったけれど。なにせアタシはケツやられながらだと我慢できないたちなのよ笑。アタシはね海人君のマラで犯してほしかったの。だからアタシはGスポットをこすり上げられる快感に悶えながら言ったわ「海人君のデカマラで犯して・・・・・・」って。

そうしたら海人君「入れて欲しい?」って聞いてきて、アタシの方にまだフニャチン状態の自分のチンコを向けてきたわ。アタシはそれに黙って答える。彼の股間に顔を埋めると彼のチンコを口の中でころがしたわ。最初なかなか硬くならなかった彼のチンコも何度も口全体でしごき上げたら硬くなってきたわ。

アタシは屹立する彼のチンコをしごきながら上目遣いで「入れて・・・・・」って言ったの。

そうしたら、彼は立ち上がってアタシの足の間に移動したかと思ったらケツマンコにまた指を入れてきて、中までローションを塗り広げて彼のほどよい大きさのチンコをズプリと刺し込んできたわ。
でもね・・・・正直言うと肝心のチンコより海人君の指の方が数倍気持ちよかったわ・・・・・。いくら彼に掘られ続けてもアタシの気持ちは同じだった。それに海人君は相変わらずアタシに全然覆い被さってこない。客の身体に触れようとしない。

なんだか自分でもテンション下がるのが分かるほどガッカリしてしまったわ。

【結論】
ということで、メンスタの海人君は座布団■1枚! こんなにも人と人が交わるセックスというものの意味を理解していないボーイさんというにも珍しいんじゃないかって思ったわ。BODYPLANTの海斗君は単なる手抜きプレイだったけれど、メンスタの海斗君はバリウケ客は前立腺を刺激しとけば全てオッケイ!とでも思っているかのように、肌と肌の触れ合いがないセックスをするボーイさんなの。たぶんね海人君にとっての男同士のセックスってそういうもんなんだわ。若いからかどこかで勘違いしちゃったのかしら? もう全然わかんない。身体も素敵で、ウケ客を喜ばせるテクだってあったかもしれない海人君なのに、セックスに対する根本的な勘違いはどうしようもない・・・・・あ~もったいない話だわ。

ここまで読んだら、下のアイコンをやさしくクリックしてねん。お願い。
↓↓↓↓↓↓
e_01.gif 


 ★ご注意★この体験談はあくまでわたくしきゅ~が個人的に体験したことの一部分を書いたものであって、そのボーイさんのサービス全てを記したものではありません。くれぐれもその点を誤解なきようにお願いします。
売り専とは人を介したサービスですから、日によってもしくはお客側の対応によってボーイさんのサービス内容が変わることは大いにあり得ます。また、ボーイさんのルックスについての表現はアタシの主観的判断であり、すべての人が同じ評価をするものではありません。
売り専はあくまで「遊び」なんですから、アタシの体験談を読むことだけで簡単にボーイさんを判断・評価することはしないで、物は試しとどんどん遊びにチャレンジして欲しいと思います。よろしくね。

スポンサーサイト
[PR]

甚八(■■)

★第20回★MEN'S STAFFの甚八君(画像はこちら

サイズ:176×79×32 B107 W76 H94 P17
ルックス:一重・あっさり顔・短髪・ヒゲなし・バイ
プレイ内容:タチ・バックタチ ウケ 3P・遠方・泊まり・深夜ショート
スポーツ:ウェイトトレーニング
PR文:メンスタ マッチョ ランキング1位  メンスタ 巨根バリタチ ランキング1位
バルキーな巨根バリタチボーイ! タチの中では1番内容評判の良い★★★★★!
太腿もしっかりしていて上半身下半身ともに完璧な肉体のGmen兄貴!
気さくで優しいエスコートのプロです! タチのボーイでは右に出るものはいません!


【前説】
とうとう!本当にとうとう!掲示板で評価の高かった甚八君を指名したわ。体験談を載せるのも、直希君以来2か月ぶりね。本当に間が空いてしまってごめんなさい。ブログにも掲示板にもすっかりカキコが減ってしまったからアタシも寂しい思いをしていたのよ。心を入れ替えて頑張りますのでご贔屓に。

さてメンスタの甚八君ね。掲示板であれだけ絶賛されていたんだから、アタシとしては一度指名してみるしかないでしょう!そう思っていたのけど、なんだかイマイチ踏ん切りがつかなかったのよ。正直に言うと甚八君の体はアタシの好みからちょっと外れているから。同じメンスタでも他のボーイさんに目移りしちゃうのよ。ごめんなさい、甚八君。でも、何度も掲示板で絶賛の書き込みがあったもんだから、つい先日うだるような暑い日にアタシは意を決してメンスタにTELしたわ。電話口に出てくれたのはいつものマネージャー様。あるボーイさんに聞いたら、このマネ様ってメンスタのオーナーでいらっしゃるのね。でも電話の開口一番は「はぁ~いメンズスタッフでぇ~す」という軽やかな声。しかし商売人たる強引さも感じさせる電話対応でアタシは毎回なすがままで予約を入れてしまうのよ。商売熱心感心感心。

甚八君の予約をサクッと済ませて、ケツを洗う前にアタシの掲示板の書き込みを改めて読んでみたわ。予習みたいなもんね。本当に彼に対するカキコは絶賛よねぇ。掲示板では甚八君と@GYMKの亮君がその絶賛度では双璧だったと思うわ。

いつものとおり西新宿の個室に向かう。自宅からだと乗り換え乗り換えで面倒なんだけれど、かといってボーイさんに自宅に来てもらうというのはアタシは気が引けるの。昔自宅マンションで彼氏とセックスしたらベッドをあまりにギシギシ言わせてしまって「五月蠅い!」と階下の住人から文句を言われたことがあったのよね~汗。テク抜群の彼氏だったからベッドが揺れまくっただけじゃなくてアタシもケツマンコを責められて吼えまくりだったのよ。たぶん階下の住人は「どんな動物を飼ってんだよ???」って思ったはず。本当ある意味動物よね。淫乱な化け猫だわ。

【本題】
個室に到着するとアタシを出迎えてくれたのはマネージャー兼オーナー。誰かに似てるのよねぇと思うんだけれど誰に似ているのか思い出せないオーナー様のご尊顔。坊主頭のこんなオーナーからあの軽やかな声が発せられているとは誰が想像できるかしら? さっそく部屋に通されると「すぐ甚八君が参りますので」と言ってオーナーは去っていったわ。そして1~2分もすると甚八君が登場!

でも・・・・・・なんていうのかしら・・・・・・勇気を振り絞って書くけれど、アタシはちょっと引いちゃったわ甚八君のルックスに。部屋に通されたときにアルバムで甚八君を確認していたので正直に言えばその時点で「えっ?」と思っていたんだけど、やっぱり実物の迫力は違うのよ・・・・・。アタシ嘘はつけない性格だからストレートに書いちゃうけど、甚八君の見た目は「リミッターが外れたバリホモさん」って感じ。日サロで焼いた肌の黒さはもうガングロ。色黒ボディビルダーみたいといえば聞こえはいいのでしょうけど、ここまで黒いのはアタシは苦手。それに甚八君は結構歳行ってるから日焼けの肌はバサバサに乾燥してるようで皺も目立つわ。そんなガングロ顔にブルー系のカラーコンタクトを入れているので、見方によってはちょっと前まで渋谷あたりにたむろってたアホ女子高生がオッサンになったような印象。ヘアスタイルは掲示板で話題になってたような奇妙な髪型でなかったのは救いだったけれど。

あらヤダ。気がついたらアタシ言いたい放題書いてるわね。いけない。そんなつもりはなかったのに。良い所も書くわね。まずはマッチョ体型が好みの殿方なら腕の太さなんてクラクラくると思うわ。顔のことをあれこれ書いたけれどこれはあくまでアタシの好みでの判断なのであまり気になさらないでほしいわ。今までボーイさんとの体験談を書くときに顔のことは悪く書いたことはなかったけれど、今回は思いっきり引いちゃったので思わず書いてしまっただけなの。

そんな甚八君だけれど、アタシが驚いたのはとっても丁寧な彼の「接客対応」よ。接客対応なんて言葉を使いたくなったボーイさんは甚八君が初めてじゃないかしら? それくらい腰が低くて、相手を「お客様」と見立てた丁寧な言葉遣い・物腰での対応なの。まさに「ホスト」ね。「売り専ホスト」という言葉を思い出してしまったわ。本来のホストはこういうものなのかも・・・・・と思ってしまうほど礼儀正しい男が甚八君なのよ。素晴らしいわ。特にお年を召したお客にとっては彼の対応は好印象でしょう。グーね。

さっそくエッチのスタート。甚八君はまず最初に「なにかしてほしいことがあったら遠慮なく言ってくださいね」と優しく言ってくれたわ。その配慮が嬉しいじゃない? そしてアタシがバリウケだと分かると、それまでの低い物腰から一転してバリタチとしての振る舞いをしてくれるようになったの。乳首を刺激されてギンギンにオットセイを勃起させながらアタシは心の中で「甚八君ってばプロねぇ」と思っていた。詐欺まがいなGMAXのボーイとは比べものにならないわよね!(笑)特にしつこいほどにフェラしてくれたのは甚八君の良いところだわ。アタシ、甚八君のフェラだけで何度も行きそうになったもの。あぶなかったわ~。

そうそう肝心の彼のチンコだけど、けっこう大きくてフェラが大変だったわ。大きいってゆ~かかなり太いのよ。でも、このデカチンがこれからアタシの中に入ってくるのよねぇと思ったら何度も口で扱きあげてしまった。

【結論】
ということでMEN'S STAFFの甚八君は座布団■■2枚。ちょっとちょっと上の体験談が途中で終わっているじゃないのよ!と思われたオネー様方もいらっしゃるんじゃないかしら? そうよね。フェラするところで終わっているわね。ごめんなさい。なんというか、もういいじゃない?って思ってしまったの。甚八君には大変申し訳ないんだけれど、アタシにとって彼は苦手なタイプだったのよ。最初から最後までそのことが頭から離れなくてセックスに没頭できなかったの。こんな体験は3人目。1人目と2人目は体験談すら書いていないわど~でもよくって。もう名前も忘れちゃったボーイさんだし。甚八君はタチっぽく荒々しく、でも丁寧に責めてくれたけれどアタシの中では彼に対する生理的な嫌悪感が先に立ってしまって、全然セックスに乗れなかったの。だから座布団も2枚。本当にごめんなさい。

とても印象的だった彼の丁寧な対応・物腰も、アタシの感覚からすると「なにもそこまで丁寧でなくても・・・・・」と思ってしまったし、その丁寧な対応が印象的なものだからこそ逆にそのあとのバリタチぶりがモロ演技っぽく聞こえてしまってすっかり醒めてしまったわ。アタシが指名した中ではジュン君や直希君のように馴れ馴れしい位の方がこっちも気を遣わなくても済むから楽なのよ。だから別に甚八君が悪い訳じゃないのアタシがそういうのが苦手ってだけなの。

みんなが絶賛していたボーイさんのことを私の好みであれ悪く言うのは気が引けたのだけれど、これがアタシの正直な気持ち。もし甚八君をご贔屓にされている方でこの体験談を読んで気分が悪くなったとしたら謝るわ。ごめんなさい。甚八君は是非皆さんの目で確かめてみて反対意見・賛同意見をいただけると嬉しいわ。よろしくお願いします。

一斗(■■■)

★第18回★MEN'S STAFFの一斗君(画像はこちら
スタイル:180×67×23 B95 W** H** P16
ルックス:甘いイケメン俳優顔・ショート・うっすらアゴヒゲ・ゲイ
プレイ内容:タチ・バックタチ ウケ・バックウケ(オプション1,000) 3P・遠方・泊まり
スポーツ:ウェイトトレーニング・バスケ
売筋イケメン俳優顔ボーイ!KAZUに次ぐ甘い顔のハムサム★★★★★!目鼻立ちの整った端正でさわやかな顔立ちの男らしいモデル風青年です!背高スジ筋水泳体系!バックリバOKの内容良し・顔良し・体良しの逸材です!



【前説】
最近、体験談の更新がないじゃないのよってよく言われるわ。ごめんなさい。ほんとにそうね。でもね、これには理由があるの。

あっちの売り専ではA君を指名して、こっちの売り専ではB君を指名して・・・・・・なんてやっていたのは随分前のことのような気がするわ。最近ではリピートで特定のボーイさんを指名することがめっきり多くなったの。だからなかなか新しいボーイさんを指名することがなくて体験談も書けないの。

なんでリピートするボーイさんが増えるのかと言えば、めくちゃくちゃカンジさせてくれるHをやってくれるからだし、決して安くはないお金を払うのだから、冒険ばっかりはしてられないわよね、みたいなところがあるのよ。こんなブログをやっているのだから、どんどん新しい店と新しいボーイさんに挑戦しなきゃ!とは思うのよ。でもね、全然セックスしてなくて、もうケツマンコが疼いて疼いてしょうがないわ! なんて時には、以前に指名したお気に入りのボーイさんを指名することになるわ。久しぶりにセックスするからには心の底からスッキリしたいじゃない? こういうときに「新しいボーイさんに挑戦!」なんて思って、でも初めて指名した子がイマイチだったりしたら目も当てられないもの。ということで、なかなか新しい体験談を更新できないきゅ~なの。

でもそれじゃ芸がないので、いちいち長い体験談を書くほどじゃないけれど・・・・ってボーイさんを紹介するわ。それは誰かと言いますと~メンスタの一斗君。つい先週指名させていただきました~。

【本題】
メンスタの分類ではスジ筋に分類される一斗君。トレーニングで鍛えて少しでも筋肉を付けたいと思っている一斗君、会ってみると確かにスジ筋だったわ。念のためにもう少し書くと、ホムペの画像に嘘ではないけれど、バッキバキの筋肉質ボディという感じではなかったわ。でもね、そんな体の若干の細さをカバーするのが彼のルックスの良さ。ハッキリ言ってかなりのイケメン! 西新宿の個室で初めて会ったとき、思わず「マジでかっこいいわ~」と声を上げそうになったくらいだもの。イケメンって言ってもワイルド系ではなくて、優しさが顔に出ているタイプ。イケメンを前にするとアタシはいつもそうなんだけれど、思わずボーっと相手の顔を見ちゃうのよねぇ。今回もそうだったわ。「一斗君、マジでハンサムだわ~」なんて思いながら、彼の横顔を見つめてしまった(恥)。数多くいるメンスタのボーイさんの中でもダントツ一番のイケメンじゃないかと思うわ。他のボーイさんごめんなさいね。

そんなイケメン一斗君は、話した感じも気負いなく自然でいいわね。イケメンのボーイさんってちょっとツンッとした人もいるのだけれど、彼はそんなことなく自然体。初めての客なので、ちょっと緊張してるところもあったけれど、全然OKだわ。

そうそう肝心のHなのだけれど、決して下手ではなかったわ。でもね、下手ではないのだけれど、めちゃくちゃ良かったわ!と言い切れないものがあったのよね。ってゆ~かアタシ、行ってないのよ。え?行ってないってど~ゆ~こと?って思われたかもしれないけれど、彼に掘られてトコロテン気味にドロッと出たことは出たんだけど、肝心のラストの射精がなかったの。一斗君はしっかりアタシのケツマンコで行ったみたいなんだけれど、自分が行ったらアタシのことを行かすの忘れたみたい(笑)。扱いてくれなかったのよ。それってど~なの~って思ったけれど、一斗君はイケメンだしアタシ許すわ。イケメンに弱いオンナね。

【結論】
ということでMEN'S STAFFの一斗君は座布団■■■3枚!! 客を行かせないという信じられない暴挙に出た一斗君だけれど、これは決して手抜きであるとかやる気なしだからとかそういうことではないと信じたい。アタシがケツの快感でトコロテンしちゃったから、一斗君はアタシがしっかり行ったと思ったんじゃないかしら?な~んて考えたり。アタシが行ってない分を座布団1枚分引いて評価は3枚よ。もしラストもしっかりやってくれたら■4枚だったってことね。

今回の体験記は短い説明だったけれど、もう1回くらい指名して一斗君のボーイとしての実力を見極めたいと思うの(イケメンだからまた会いたいってゆ~のもあるけどね)。それから一斗君タチは決して下手ではないのだけれど、雰囲気からするとプライベートではウケだと見たわ。雰囲気や話し方にもそんなウケの雰囲気がそこはかとなく・・・・・。こんなイケメンをガン堀りして啼かせることができたら、タチはたまらないでしょうねぇ。もちろん、タチ役をお願いしても決して下手ではないので、とにかくイケメンとやりたいんだよ!という殿方は是非一度ご指名くださいませ。

聖士(■■■■■)

★第16回★ M●n's
St●ffの聖士クン(画像はこちら

サイズ:170×63×26  B98 W** H**  
Pサイズ:P16
特徴:奥二重・あっさり顔・短髪・ヒゲ・ゲイ
タチ・ウケ:バックタチ・バックウケ(バックウケオプション1,000)
PRテキスト:3P・遠方・泊まり
スポーツ:ウェイトトレーニング・陸上・バスケ
カッコイイ顔人気ナンバー1 ! 超人気のスーパーボーイ ! ! さわやかで少年っぽさも残る男らしい風貌で、好感が持てるボーイです。モテ顔王道フェイスで、内容評判も良く、リピータ続出でとても愛想良く愛嬌あります。


【前説】
実はだいぶ前から「一度指名してみたいわー」と思っていたのがメンスタの聖士クン。なんでか?って言ったらメンスタの個室を利用した際にアルバムを見せてもらったのだけれど、ホムペの画像のとおりのスジ筋ボディだったから。それから体よりこっちの方が大事なんだけど、ルックス(顔)がかなり良かったから。アルバムをざっと見てみたら、体は最高なのに顔が・・・・・・というボーイ君が何人も(何人も?)いたのよねメンスタ様。あっいけない、本音を書いちゃった(笑)。アタシの好みがって話だから他の人にとってはすごいイケメンなのかもしれないからあまり気にしないで! そんななか「彼ってカッコカワイイじゃな~い?」って思ったのが聖士クンだったのよ。だから、何度も指名しようと思ったのだけれど、いつも予約で一杯。売れっ子ね。

先日、特に予定もなかったし、最近忙しくてオナニーもロクにしてなかったからもう溜まって溜まってしょうがなかったからメンスタに電話をしちゃった。ホムペを見たら12月31日で引退という文字にも「いけないわ!急がなきゃ売り切れちゃう!」って思ったし。だから「今日、聖士クンは空いているかしら?」って電話して訊いたの。そしたら「大丈夫ですよ」というお返事。迷わずお願いしちゃったわ。そしてさっそく夜、メンスタ個室にレッツゴー(笑)。

【本題】
個室で迎え入れてくれた聖士クンは、以前アルバムで見た通りのイケメン。着ている服はスト系でベリーショートのヘアにラウンドヒゲ。どこからどう見ても26歳には見えない。大学生みたいな若いカッコ。誰かに似ていると思ったけれど、ベルディの山田卓也にクリソツだわ。ヘアスタイルは今の山田とは全然違うので、山田卓也をショートヘアにしたルックスを想像して欲しいわ。

部屋に通してもらってベッドに座ってしばし雑談。不思議だったのが、初めて会った気がしないほど打ち解けて話せたこと。ニコニコ笑いながら話す聖士クンはほんとカッコカワイイ感じ。でも、一瞬真面目な顔をすると瞳が綺麗で意志の強さを感じさせるの。ナヨナヨしてる感じじゃなくて、それもグー。

そんな彼とは雑談が楽しくて気がつくと30分以上も余裕で話してしまった。いくら120分でお願いしているとはいえ、このまま話してたら1時間は軽く話してしまいそう。と思ったら聖士クンが「それじゃシャワー浴びますか?」って言ってくれたの。アタシの前で服を脱ぐ聖士クン。服の下から現れた聖士クンのカラダは、ホムペの画像よりちょっと細い感じ。画像では腹筋がクッキリしているけれど、目の前の聖士クンはちょっとだけ線が細くなったかな?って印象。でも背中は逆三角形で逞しく腕もグッと太くて言うことなし。それから画像にはなかったのだけれど、実際の聖士クンには胸毛がちょっと生えていた。カッコカワイイ顔に似つかわしくないワイルドな胸毛がセクシー。アタシは気に入ったわ。

そんな聖士クンのあとについてバスに入る。聖士クンの後ろ姿はカッコイイ。それにケツの割れ目からはケツ毛が見えててこれもセクシー。アタシ、ケツ毛は全然嫌いじゃないわ。逆に男らしくって好きなほど。バスの中でも聖士クンはいろいろと話が止まらない。楽しい。ここ最近、肝心のタチをしっかりやってくれないボーイにばかり当たっていたからか、アタシは体を洗ってもらいながら聖士クンに「聖士クンってプライベートではタチウケどっちなの?」って聞いてみたの。そうしてら「オレですか?タチですよ」だって。それでもアタシはちょっと心配だったので、それじゃ「ケツもタチれるの?」って聞いたわ。しつこいオンナって思われたかもしれないけれど。そうしたら「もちろんできますよ!」だって。そして、マネージャーからアタシがウケであることを聞いていたのか「きゅ~さんはウケなんですよね」って言ってくれたわ。これで一安心ね。しつこいババァでごめんなさい。

そして、ベッドルームに戻り、ふたり並んで座る。そしてベッドに横たわる。聖士クンはすぐにアタシの首に手を回しキスを求めてくる。絡めてきた舌を強く吸う。さっき彼が使っていたリステリンの味がして、アタシは聖士クンの舌に自分の舌を絡めた。彼もきつく舌を吸ってきた。すぐ近くでみる聖士君は顔も小さくてハンサム。こんな男が彼氏だったらいいのに・・・・と思っちゃったわ。最近そんな発想ばかりしている気がする。やっぱり彼氏いない歴が長くなってきて、人恋しくなってきちゃったのかな?

乳首をビンビン刺激されアタシのオットセイは完全勃起。その勃起を聖士クンは巧いフェラテクで責めてくれる。アタシは腰を持ち上げて聖士クンのクチマンを犯した。ふと聖士クンの股間を見たら、彼のペニスは半勃ち状態。その形の良いペニスを頬ばりたくなって彼のペニスに手を伸ばしたわ。そうしたら聖士クンはアタシの顔の方に腰をずらしてくれて、アタシはオッパイをねだる子犬のように彼のペニスをくわえて扱く。69の恰好になってお互いのペニスをクチマンで扱きあげる。聖士クンのフェラテクで、ときどきアタシは啼いてしまう。股間はギンギンのまま、気がつくとケツマンコの周りを指で刺激されていたわ。

ケツマンコへのノックで、アタシは気がつくと、はしたなく股を拡げていた。聖士クンのペニスが完全勃起したことを確認して、アタシは「入れてほしいの」と哀願する。彼は男らしい表情のまま「ちょっと待ってて」と言い、ゴムとローションを取りに行く。アタシの目の前でゴムを付ける聖士クン。上半身が逆三角形でカッコイイ。そしてアタシの足の間に入って、指をケツマンコに入れてゆっくりとほぐしてくれる。アタシはそれだけで感じて、もっと足を拡げてしまった。彼の硬いペニスがアタシのケツにあてがわれ、ゆっくりゆっくりとアタシの中に入ってくる。溜まりに溜まっていた今日のアタシは感じまくり。最初にグッと入れられただけで、勃起していないオットセイからジュワッと先走りが溢れる。聖士クンは「大丈夫?痛くない?」と聞いてくれて、アタシが「大丈夫」って答えるとグイッグイッとゆっくりピストン運動を始める。アタシのヨガリ声を聞きながらGスポットの探り上げる。アタシが「あァん、あ・・・・当たってる」と啼くと、腸壁に雁を擦りつけるようにグリグリと刺激するの。そんなことされたらもうダメ・・・・・。

プレイの途中でちょっとだけザーメンも漏れちゃったし、先走りは股間がビショビショになるくらい出てしまったし、恥ずかしかったけれど、聖士クンの責めでアタシ感じまくってしまった。聖士君、テクはかなりのもの。特にGスポットを擦り上げるテクはたまんない! こんな状態になっては股間に触れられたらすぐにはイッてしまう。彼 がアタシのギンギンに勃起したオットセイを握り扱きあげる。アタシが「イキそう!」って叫んだら、さらに力を入れてグイグイ扱かれてしまった。アタシは「イク!イク!イっちゃう!」とヨガリながら、顔を直撃するほどの射精をしてしまった。久しぶりに充実したセックス!って感じだったわ。

【結論】
ということで、M●n's St●ffの聖士クンは座布団■■■■■5枚!! なんだか最近座布団5枚ばっかり連発しているような気がするけれど、確かに満足できるプレイだったんだもの、嘘はついていないわ。バキバキの筋肉質とはいかないけれど、しっかり逞しい逆三の体、カッコかわいいルックス、お客を飽きさせない話の上手さ、それらのことすべてが自然体に感じられる。同じ店のボーイではあるけれど、ある意味桜庭君とは対極にいる子だと思ったわ。桜庭君はプロ意識やプライドがとても高くいけれど、聖士クンは逆であくまで自然体。どっちが優れているか?ってことじゃなくて、どっちもある意味しっかりとプロってこと。そしてアタシは桜庭君も聖士君もどっちも好きよ。でも残念ながら聖士君はこの年末でメンスタを辞めるんだって。それが残念だわ。まさかこんなサイトを聖士クンが覗いているとは思わないけれど、もし見てくれたりしたら言いたいの。どこかでまたボーイとして復活してほしいって。あと、いろいろ話せたこと面白かったわ。ホントはもっといろいろ話をしたかったのに。もしよかったらメール下さい。冗談じゃないわよ、アタシは本気よ。メールはこちら。dokidoki2004@mail.goo.ne.jp 来るはずのない手紙を待つのよ~アタシは~。

秋山力(■■■■■)

★第13回★ M●n's St●ffの秋山力クン(画像はこちら
サイズ:174cm 67kg 
年齢:20歳 
タチ:バックタチ ウケ・バックウケ(バックウケ0円) 3P・遠方・泊まり・深夜ショート 
スポーツ:ウエイトトレイニング 水泳 
PRテキスト:タチとウケで性格が激変のH好きリバ!某誌グラビアモデル! 激しいタチから淫乱なウケまでなんでもこなすテクニック抜群ボーイ!体は発展途上ですがプレイ内容で大変好評を頂いています!


【前説】
セックスのあと、いろいろと考えてしまったボーイ君が今回の力クン。力クンって書いてあるけれども「かくん」じゃないわよ「リキ」クンよ。

今回リキ君を指名したのは、激しいタチはできるわテクニック抜群だわ坊主だわ・・・・という売り文句に期待して。男とセックスをしてつくづく思うのが、客であるアタシに対して愛情なんてこれっぽっちもなかったとしても、愛情もって接してくれていると客に感じさせるテクがあるかどうかが大事なんだってこと。最近つくづくそう思うのよ。

体というハードがいくら鍛えられて見た目が良かったとしても、「中身」がてんでダメだとお話にならない。そんな体験をアタシは何度もしたわ。振り返っただけでも、ルックス&体は最高だったのに接客が最悪だったM●n's St●ffの修斗 クンでしょ、背は小さいけれどしっかり鍛えた体とハンサムなルックスでイケてたのに、でもセックスは単調でなおざりであっという間にイカされちゃったR●D L●NEのタクマ君でしょ・・・・・。最近では体の良さだけではボーイ君を選ばなくなっているアタシがいるの。そんなふうに「見る目ができてきた」というか「セックス自体をもっと楽しみたい」と思うようになったんじゃないかと思う。だから売り専のホムペを見ていても、画像の良さだけじゃなくてPR文にも注目している。もちろんPR文なんてどうとでも書けるけれど、少なくともバリウケのボーイにバリタチという説明文は付けないだろうし、そんな行間を読むようなことまでやっているのよ。今回のリキ君はまさにそういう感覚で選んだボーイ君なの。

【本題】
電話で教えられた個室に向かって歩くアタシ。空は曇りで今にも降り出しそう。東京もこの季節になると肌寒くて、寂しいオンナのアタシは人肌が恋しくなる。いろいろと吟味して調べた上でリキ君を指名したアタシの心は、今の空とは違って全然曇っていなかったわ(うまい表現ねアタシ!)。個室はなんの変哲もないワンルームアパート。外から見ただけじゃ、日夜この部屋で男と男が激しいセックスをしているなんて誰も想像できないようなごくありふれたワンルーム。アタシが着くと目指す部屋の玄関ドアは開いていた。ドアに近づくとさらに大きくドアが開かれリキ君が顔を出した。お客であるアタシが着くのを(マネージャーから連絡があってのことでしょうけれど)ちゃんと待ってくれていたのね。アタシは素直に嬉しくなった。こういうホスピタリティって大事だと思うわ。

リキ君の第一印象は「アンタ中学生?」って感じ(笑)。別にバカにしている訳じゃなくてね。坊主頭とその素朴な顔立ちがイカニモ系&スト系というよりは純朴そうな中学生をイメージさせてしまったのよ。正直ちょっと驚いたわ。そのルックスからはとてもじゃないけど「激しいタチ」なんて想像できなかったから。だからこそリキ君に対し興味津々になったっていうのも事実なんだけど。部屋に入ってもリキ君の印象は変わらず、アタシはちょっと心配になった。アタシとふたりっきりの部屋で緊張しているのがよく分かるほど話し方もたどたどしく朴訥で全然飾らない態度だったし。あまりにオドオドしているからアタシの方が緊張しちゃったじゃないの。そのオドオドぶりはメンスタのオーナーがどこかの田舎から部活帰りの中学生を誘拐してきたんじゃな~いの~?と思ったほど。そんなリキ君は一生懸命ニコニコしながら話してくれるの。目が細くて笑うとほんと中学生のよう。中学生中学生ってアタシもしつこいかしら? でもそんなイメージなのよ彼は。

リキ君と一緒にシャワーを浴びる。アタシのボディを丁寧にゆっくりと洗ってくれるリキ君。気がつくと後ろ手に抱き締められ、アタシの感じやすい乳首を指でビンビン刺激され、はしたないことにアタシは完全勃起状態。そんなオットセイの変化を見逃さない彼は、泡立てたソープでガチガチになった勃起を扱きあげてくる。その快感で思わず腰を引いてしまった。腰を引くとリキ君の勃起がアタシのケツの割れ目に密着する。もういやん!! リキ君のチンコもでっかくなってるじゃないのよ~ん。泡をつけた指でアタシの蕾をこじ開ける。そしてグリグリと入り口を刺激しながら、勃起を扱く。はしたないオンナだわ!と思いながら、アタシはバスルームで「あァん!あン!」と声を上げてしまった。正直に告白すると、中学生みたいな風貌&話し方のリキ君に対して一抹の不安を覚えていたアタシ。「こんな子供っぽい子がちゃんとタチできるのかしら?」って。でも、このバスルームの中での愛撫で、アタシの不安は消し飛んだわ。間違いない。この子は相手のことを考えた丁寧なサービスができる子だって。

その予想は的中したの。ベッドに入ると、年下なのにしっかりアタシをリードしてくれる。リキ君には悪いけどアタシはほとんどマグロ状態。ねっとりとした、それだけで勃起してしまいそうなキスを繰り返ししてくれて、そしてアタシの体中を舐め回す。気がつくとアタシのケツマンコを舌でジンジン刺激してくれる。そ・・・・そんなことされたらアタシ・・・・・。チンコを扱かれながらケツマンを刺激されることで、アタシは大股を開いて彼の愛撫に感じまくってよがっていた。

そしてガチガチに勃起した自分のチンコにゴムを被せ、リキ君がアタシの中に入ってくる。細い目で優しくアタシを見守りながら、ゆっくりとアタシの中に侵入してくる。そして、彼の雁の部分がアタシのGスポットに触れてアタシが快感で声を上げると、チンコをそこで止めてそこでグイグイと出し入れするの。アタシはいきなりのGスポット攻撃で、オシッコが漏れそうなせつない快感・・・・・そうトコロテンの快感がチンコの付け根の奥から湧き上がる。彼がそんなアタシの乱れっぷりを見逃すはずがない。自分のチンコの角度を調整しているかのように、アタシのGスポットをグリグリと何度も何度もこすりあげる。アタシは自分で自分の足を抱えてリキ君のチンコのもっと奥深くまでくわえこもうとしたわ。彼のガチガチに固くなったチンコは凶器のようにアタシのケツマンコを犯していく。こんな真面目そうな年下の男にガンガンに犯されているアタシに妙な興奮を覚えてしまったわ。

気がつくとアタシは快感で泣いていたと思う。なんでこんなにケツが感じるの?って頭の片隅で思いながら、せつないくらいの快感で涙を流していたんだと思う。リキ君は体位を変えてアタシを責めようとする。そうすると違った角度でGスポットにチンコがあたってアタシのカラダがガクガク震える。アタシのオットセイからは勃起もしていないのに透明な液がダラダラと漏れていた。その体液を手でひろげながら、リキ君がアタシのオットセイを刺激する。それも亀頭の割れ目を指でグリグリと繰り返して。アタシは亀頭への責めで身をよじり、でもケツマンに杭を打ち込まれているから身動きが取れない。悶絶地獄よ。

親指でグリグリと亀頭の割れ目を責められ、そしてケツマンコをガチガチのチンコでかき回され、アタシはヨダレを垂らして悶えまくる。ほんとはしたないオンナ。でも、感じまくるんだからしょうがない。彼が激しくアタシのチンコを扱く扱く扱く。きつく擦られるから雁の部分が痛くなってくるほど。でもそんな痛みすら快感になり、彼の手の動きに合わせて、アタシは腰を浮かせて我慢できなくなって「イク!イク!イッちゃう!」って叫びながら噴射したわ。チンコから飛び出したザーメンは顔にかかり首にかかりそして胸から腹に飛び散った。

噴射したのに彼はアタシのオットセイを扱き続ける。そんな亀頭責めにアタシは耐えられなくて「ストップ!ストップ!」って叫ばなければならなかった。その時のリキ君の笑顔が忘れられないわ。

【結論】
ということで、M●n's St●ffの秋山力クンは座布団■■■■■5枚!! 顔だけだったら、体だけだったら、秋山力君よりもっと良いボーイはたくさんいる。でも、彼ほどのサービス精神をもって自分みたいなはしたないオンナにも愛溢れるプレイをしてくれるボーイをアタシは知らない。サービス業の鏡よアンタは!・・・・なんて思ったわ。決して体も顔もめちゃくちゃ恵まれている男って訳ではないからこそ(リキ君ごめんなさいね)、何を持ってお客を喜ばせるのか?ということを彼なりに真剣に考えているのがよく分かるのよ。こういう真面目な子は彼氏として付き合っても良い奴なんだろうな~なんてことすら感じさせてくれた。こんな彼なら何度でも指名したいと思うわ。
感じまくりのタチっぷりを見せてくれたリキ君だけど、プライベートではなんとウケなんだそう。そんなことを微塵もカンジさせない優しくも男らしい仕事ぶりが頼もしい。しっかりケツ舐めもしてくれて、そしてアタシの感じる性感帯を探しながらゆっくり確実に責めてくれるテク&サービス精神。癒されながらもしっかりガッツリ掘ってくれるボーイをお探しの方は是非いちど指名してみることをお奨めしま~す。

桜庭憲伸(■■■■)

★第9回★ M●n's St●ffの桜庭憲伸君(画像はこちら
サイズ:176cm 72kg 
Pサイズ:P17
年齢:29歳 胸囲102cm 
PRテキスト:コワモテ男前・短髪・アゴヒゲ・ゲイ タチバックタチ80% ウケバックウケ80%(バックウケ2000円) 遠方 深夜ショート ウエイトトレーニング・水泳 肉体美・美チン・
人気ナンバーワンクオリティ★★★★★! 色黒の肌にビキニ跡と男らしい風貌でご満足をお約束します! 気の利いた対応も好評で、とにかくマイナスがありません


【前説】
Bbsでも書き込みがされていたのがこの桜庭憲伸クン。ナイスバディで、ずいぶん前からM●n's St●ffのスタッフ紹介欄に載っていたわね。ずいぶんボーイ歴が長いのかしら?

なぜかアタシは、今まで桜庭クンのことを指名したことがなかったの。なんでかしら?って思ったんだけど、M●n's St●ffのボーイ君のレベルが高いのが問題じゃないのかしら?桜庭クンが他の売り専にいたとしたらダントツイケてるボーイ君だと思うんだけど、M●n's St●ffには桜庭クンクラスのガタイを持った子って何人もいるものねぇ。気がつくと他の子(たとえば修斗とかね)に目が行っていたのよ。

【本題】
アタシがドアを開けると、そこには背が高く肩幅の広いイケメンが立っていた。それが憲伸クンだった。髪は短く刈り上げた坊主頭、冷たそうなルックス、もちろんハンサム!! 「こりゃ上物だわ!!」なんて心の中で呟いちゃったくらい。憲伸クンは、上半身にピタッと張り付いた小さいTシャツを着て、下もこれまたピタッとしたパンツを穿いている。もうセクシーフェロモンムンムンよぉ~(笑)。

ベッドサイドに座った憲伸クンに話しかけたんだけど、ちょっと意外だったのが、彼のしゃべり方がちょっとオネエだったってこと。しゃべり方だけじゃなくて手つきもちょっとオネエ。オネエなアタシが言うのもなんだけど、オネエ同士で話を盛り上げたくなっちゃったわよ。でもね、今日は2チョに飲みに来てんじゃないのよ、セックスしに来てるの。オネエ同士で盛り上がってる場合じゃないわ。それに憲伸クンにはタチをやってもらうワケだから、オネエさんに掘ってもらうっていうのはさすがにちょっと嫌。

オネエ言葉がちょっと気になったけど、バリバリオネエって訳でもないから、できるだけ気にしないようにしたわ。ふぅ~お客なのにアタシも大変よねぇ。オネエなことを抜きにしたら憲伸クンはかなりレベルの高いボーイ君だと思うわよ、念のために書きますけど。顔は冷たそうなルックスって書いたけど、芸能人でいうと市川海老蔵(新之介)にクリソツ。あまりにクリソツで、思わず見とれちゃったほど。憲伸クンに「新之介に似てるって言われるでしょ?」って聞いたら、「確かによく言われる」だって。坊主頭にしてるのも、新之介に似せようとしてるからかしら? なんて思っちゃった。

そんな新之介と、違ったわ憲伸クンとさっそくベッドイン!! とにかくソツがないのよ、憲伸クン。ほしいことをちゃんとしてくれるのが憲伸クン。特にアタシがメロメロになったのは、舌で乳首を愛撫してくれるときに、勃起した自分のチンポをアタシのケツマンコの入り口あたりにグイグイ押しつけてきたところ。あぁ~憲伸クンのチンポがガチガチに勃起してるわ~なんて思ったらアタシのケツマンコがヒクヒクいいはじめたの。もう我慢できなくって「憲伸クン、入れて」ってお願いしちゃった。

「入れる?」って聞いてくれて、そして憲伸クンは勃起した自分のチンコにゴムを被せる。そして、アタシのケツマンコをローションでほぐすとゆっくりでも確実のアタシに入ってくる。瞑っていた目を開けて憲伸クンを見ると、怖いほど真剣な顔つきでアタシを見てる。そして、完全に根元まで憲伸クンのチンコが埋め込まれる。アタシはその満足感でかすかにうめく。

そこからはもう憲伸クンにされるがまま。ケツマンコの中でチンポをゆっくり動かし、アタシのGスポットを探す。そしてある一点をこすり上げられた時、アタシは仰け反って「あぁん!!」と反応してしまう。憲伸クンの顔を見ると、冷たいサディストのような顔をしてアタシの反応を見ている。アタシはその顔を見た時、憲伸クンの前ですべてをさらけ出してしまおうと思った。だって彼の顔が「すべてを出しちゃえよ」って言ってくれているように感じたから。アタシがどんな恥ずかしい声を上げても彼は受け止めてくれるような気がしたから。

憲伸クンは、アタシのGスポットを探し当てると、ゆっくりと・・・・そして激しくこすり上げる。アタシの足を押さえてケツマンコを拡げさせて、根元まで掘り込み、そして引き抜く。アタシはその責めに激しい息づかいで「あん、あぁん、あ・・・・あ・・・・気持ちいい」と彼に言う。彼は冷たい表情のままニヤッと笑った。その笑顔がたまらなくカッコ良いわ!!

でも、ここからが終わりのない快感地獄だった。彼はサディスティックな顔のままガンガン腰を打ちつける。アタシはオットセイを勃起させ、その先から蜜を溢れさせてケツを振って彼のチンコをくわえている。憲伸クンは「ここだろ?ここが気持ちいいんだろ?どうだよ?ほら!」と命令口調で言う。アタシは彼が年下なのも忘れて、「そこが・・・・あん、そこが・・・・き、気持ちいいんです・・・・」と答える。その言葉を待っていたように彼はまたニヤッと笑って、アタシの左手をとって下に引っ張る。彼とアタシの結合部に触れさせると「ほら、根元まで入ってんだろ」と言いながらチンコを出し入れする。アタシは憲伸クンの固いチンポを手とマンコで感じながら、ケツの奥でマグマの熱さを感じる。

そこからアタシが射精するまではそんなに時間はかからなかった。憲伸クンにガンガン掘りまくられながら彼の手で扱きあげられる。アタシが「イキそうイキそう」と言うと、チンコを握る力をグッと強めそして雁の部分をしつこく扱いた。アタシは彼の膝を握りながら体をガタガタ揺らして、そこら中に精液をまき散らせて果てたわ。

【結論】
ということで M●n's St●ffの桜庭憲伸クンは座布団■■■■4枚!! あら?5枚じゃないの? って思った? 確かにアタシ自身もそう思った(笑)。なんで5枚じゃないのかといえば、憲伸クンの話す言葉の端々にヘンに強がっているというかプライドの高い彼自身の心が見えたから。お客の前でそんな態度や発言をしなくても・・・・と思うことが、彼と話している最中に何回かあったのよ。彼に悪気がないのは分かっているし、自分に自信を持った子なのかもしれないけど、アタシはそれがちょっと気になって、盛り上がる心が萎えてしまった。

でもね、肝心のプレイは上に書いたようにプロの仕事!! って言ってあげたくなるような仕事ぶりだったわ。市川新之介と寝たらこんな感じかしら?なんて思っちゃったくらい。タチとしてサディスティックに、でもやってほしいように責め上げてくれて最高だったと思う。

追伸:連れから借りてジャパンのターザンボーイってビデオを見た。いちばんはじめに出てくるウケのモデルの感じ方が生々しくてけっこうイケたわ。肌のツヤ張りからすると30代半ばのくらいのモデル?って感じなんだけど、使い込んだケツマンコが卑猥だわ。指を突っ込まれただけで身をよじらせ感じているところなんか、他人とは思えなかったし(笑)。そうなのよ、感じやすいオンナってこうよねぇ。相手役(タチ)も結構しっかり頑張っていたし、あんなボーイがいたらアタシ指名しちゃうかも。書いてたら勃起してきたわ。

鈴木修斗(■)

★第1回★ Men's Staffの鈴木修斗君(画像はこちら)。
サイズ:179×77×26 胸囲106 
Pサイズ:P16 
PRコメント:バリタチイケメンファイター 甘マスク男前・短髪・アゴヒゲ・ゲイ
※現在はRedLineで別名でご活躍中! 


【前説】
アタシが生まれて初めて売り専を利用したのはこのMen's Staff。そして初めて指名をしたのが鈴木修斗クン。ホムペで見た修斗クンの体は最高に格好良かったんだもん。でも生まれて初めての売り専利用だったから、正直言えばすごい不安だったの。「ボーイ君に財布盗まれないかしら?」とか「まず部屋に入ってもらったら、何を話そうかしら?」とか。それにそれにMen's Staffのホムペでは 修斗クンの体しかチェックできないわけだから「ホテルに来てもらったのに凄いブスだったらど~しよ~」なんて心配もしちゃったわ。

1週間も前から修斗クンを予約して新宿ワシントンホテルの部屋で待ってた。新宿ワシントンってボーイさんも外から入りやすいからいいわよね。さすがに自宅に呼べないので、ちょくちょく利用させてもらってるわ。部屋が狭いのが難点だけどウォッシュレットもついてるしケツマン洗うのも便利(笑)。

【本題】
時間通りに、ドアのベルが鳴ったの。高鳴る鼓動を押さえて「はぁ~い!!」ってドアを開けたら、そこにはショートヘアをツンツンさせて黒目がクリクリッとしたカッコカワイイ修斗クンが!! 顔はカッコカワイイのに自慢の体は大きくてモロタイプ!! アタシ股間がジュンってするのを感じたわ。

初めて売り専を呼んだアタシは部屋に彼を招き入れてからどうすればいいのか勝手が分からなかった。「先にお金は払うのかしら?」とか「まずは自己紹介からするのかしら?」とか。←こんなのばっかりね、アタシ。予約の時の受付のお兄さんが「ボーイに任せてくれれば大丈夫ですよ」って言ってくれたことを思い出した。でもね、肝心の修斗クンったら全然アタシに話しかけてくれないのよ。 ドンド ン不安になっていくじゃないのよもう。

アタシから話しかけないと何も喋ってくれない修斗クン。アタシの股間はギンギンなのに修斗クンは自己紹介もしてくれない。あ~も~早くシャワーを浴びたいわ~って思っても修斗クンは沈黙のまま。アタシが我慢できなくなっちゃって「それじゃシャワー浴びよっか?」って言ったわよ。アタシってオネー様(笑)。そしたら低い声で「ハイそうですね」ってひと言。先が思いやられるわ。

でもね目の前でイケメンが服を脱ぐのを見るなんてホント久しぶりでチョー興奮。セーターを脱いでTシャツを脱いだらヨダレジュルジュルなナイスバディがあらわれた。こんなに体が格好良いなんてもう最高!! さらに修斗クンはアタシの前なのに何のためらいもなくパンツを脱いだの。そしたら驚いたのなんのってチンポ!! 平常時なのになんでこんなにデカイの?ってゆ~か太いの 思わず「極太ね!!」って叫びそうになるくらいのデカチン。修斗クンのデカチンを思い出しながらこの文章を書いてたらまた股間がジュンときちゃった。アタシも感じやすい年頃。

その肝心のチンポはちょっと皮があまっているけどもちろん剥けててアタシはシャワーなんてどうでもいいからこのデカチンに思わずむしゃぶりつきたくなったわ(笑)。だから彼と一緒にシャワーを浴びている間中アタシのオットセイはお露を溢れさせまくり。アタシの勃起したオットセイを洗ってくれた修斗クンの手でイキそうになったくらいだもの(いやん恥ずかしい)。アタシも負けずに修斗クンの体を洗ってあげたのよもちろんブッ太いチンコも丁寧にね。アタシの小さい手では握りきれないほどの極太チンコを触りながら、乙女なアタシはこれからはじまるめくるめく快感の海を想像してイキそうだったわ。

いよいよ本番開始よ!! シャワーを浴びてベッドに直行って思ったらア~タ修斗クンがアタシより先にベッドに寝転がってるじゃないの!! キーッ!! ど~ゆ~ことよ。アタシの肩を抱いてベッドに押し倒してくれるんじゃないの? よ~く見たら修斗クン思いっきり目を閉じてるわ。もしかしてアタシに奉仕しろってこと?? お客に向かってそんな横柄な態度、上等じゃないの。ケンカ上等よ。意味分かんないわ。

でもすぐ目の前にデカチンがドーンッてあるのよ。据え膳食わぬはナントカってやつで理性が性欲に負けてアタシすぐに武者ぶり付いたわ。アタシのオクチの中でグングン大きくなる修斗クンのデカチン。あらクールな態度に反比例でかなり感じやすいのかしら修斗クン。アタシえづくの気にしないで喉の奥までくわえたわ。でもアタシが我慢できなったのはケツマンコの方。デカチンをくわえながらケツマンコがジュンジュンきてるのが自分でも分かったもの。もちろん自慢のオットセイも勃起状態。フェラってるのもそこそこに修斗クンに「お願い入れて」って可愛く囁いちゃった。そしたら修斗クン「いいですよ」って低い声。

でもねビックリしたのが次の展開よ。修斗クンアタシに向かって「バックで入れさせてください」だって。アンタが体位を指定するんじゃないわよ!! バックってど~ゆ~ことよ!! ってブチ切れかけたけどここで修斗クンのご機嫌を損ねる訳にはいかない。だって修斗クンのデカチンでガンガン掘ってもらわないと火照ったケツマンがマンゾクしないもの。アタシは黙って修斗クンに向かってケツを突き出した。ほら!! アタシのお手入れバッチリなツルツルマンコを見るがいいわ!!

ちょっと振り向いて修斗クンを見たらアタシのセクシーポーズなんか無視しまくりで勃起デカチンにゴムを付けてた。ゴムを付けたデカチンにローションを付けるともともとデカイ亀頭がヌラヌラと光ってアタシの頭もクラクラ(うまい!)。でもまたしてもビックリすることがあったのよ!! 修斗クン「それじゃ入れますよ」って言ったと思ったら、いきなりアタシの菊の蕾にグイッと挿入してくるのよ!! ちょちょちょちょちょっと待ちなさいよ!! レディの秘密の花園にいきなり土足で上がってくるつもり?? ってゆ~か激痛が走りまくりよ!! いった~い!! って思わず叫んじゃったわ(怒)。ローションも何も塗り込んでないのにそんなデカチンいきなり入る訳ないでしょ!!

アタシの声にちょっとビックリした修斗クン「大丈夫ですか?」って言いながらさらにグイッと入れてくるもんだから(なに考えてんのよこのアホは!!)あまりの痛さにアタシは地獄行きのバスに乗っちゃったのかと思った。でもねしばらくじっとしておいてもらったら修斗クンのデカチンをケツマンいっぱいで感じられるようになったの。さすが名器なアタシのイソギンチャク(笑)。そこからはアタシすっかり女になったわ。最初はバックだったけど次は騎乗位よ。アタシの一番感じるツボに来るのが騎乗位。修斗クンのデカチンを手で持って腰をゆっくり沈めていくとズブズブと音がするかのようにアタシのケツマンが修斗クンをくわえていく。思わず「あぁ~んあはぁ~ん」ってよがり声が出ちゃった。デカチンを根元までくわえてそして腰を浮かせてまた腰を沈めると修斗クンの雁高がアタシのツボをグリグリこすり上げるの。「あぁくふっあぁ~ん」何回かのピストンでアタシもうどうにかなっちゃうんじゃないかと思った。

当然アタシのオットセイは勃起しまくり。アタシだって実は結構デカイのよ。でもね修斗クンは勃起してるアタシのオットセイを全然触ってくれないの。よく見たらまた目をつむっているじゃないの!! ど~ゆ~ことなんだろ~な~その態度わ!! でもここまで来て怒ってしまったらアタシの負けだと思って修斗クンの首筋を舐めて耳を舐めてキスをしようと唇に顔を近づけたの。そしたら修斗のアホはアタシの顔を手でさえぎって「ごめんなさい。キスはダメなんで」とのたまいやがったわ!! さすがのアタシもここでキレた。キレまくり!!

何ボケたこと言っとんじゃわれ~!!

そのあとは修斗とは一切口をきかなかった。ただひたすらデカチン人形とセックスしているつもりで自分のケツマンの快感だけを追及した。騎乗位から正常位に変えてもらってデカチンでガンガン突いてもらったらほんとアタシ気が変になるんじゃないかと思った。最後にツボをこすり上げられた時に思いっきりトコロテンしちゃったくらいだもの。顔にまでかかるほどトコロテンしたのなんて何ヶ月ぶりかしら?全身汗びっしょりではぁはぁいいながら脱力しちゃった。修斗のデカチンがアタシのケツマンから抜かれる時のなんとも言えない悲しい気持ちになった。アタシのケツマンはぽっかり口を開けたままだったわ。

あとはお願いして修斗に目の前でオナニーしてもらった。アッタマきた男だけどせめて代金分はマンゾクさせてもらわないとね。主婦の目は厳しいわよ!! 修斗にアッタマ来てるはずなのにガチガチバディを張りつめながら自分のデカチンを一心不乱にしごきまくる彼に萌え萌え(涙)。アタシのオットセイがまた勃起してきたわ!! そんなアタシには目もくれず修斗は最後に「イキます」って言いながら発射。でも飛びは全然悪かったわね!! お疲れ様!!

【結論】
ということで今回の修斗は座布団■枚、つまり1枚。気がついたら途中から呼び捨てだわ(笑)。あまりにホスピタリティがない態度に閉口したんだもの。こんなナイスバディの持ち主(アタシのことよ)なのに全然イケてるサービスをしてくれないんじゃ話にならないでしょ? フェラだってちょっと舌をつけたくらいであとは堂々とテコキだもん。唖然としたわ。どんなに高飛車な対応か分かるでしょ?レディをレディとして扱えない雄は失格ってこと。彼の逞しい体を間近で堪能できたのはいいけれど自分が客としても扱われていないような気持ちになるセックスは悲しいだけ。アタシはケツマンが感じまくっちゃって途中からそんなことどうでもよくなっちゃったけど(あぁネコって結局これなのよねぇ)、皆さんには全然お勧めしないわ

«  | HOME |  »

プロフィール

きゅ~

Author:きゅ~
某アパレル企業勤務の男です。でも、心と体はオンナなの。そこんとこよろしくね。
このBlogではアタシのハートを震わせてくれた素敵なセックスワーカーの男たちをご紹介します。



アクセス解析


FC2 Blog Ranking

 

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク