FC2ブログ

2019-11

Latest Entries

タカフミ(■■)

★第24回★ COWBOYのタカフミ君(紹介文はこちら
171×62 P15 25歳 締まっていて筋肉質な体つき、短髪で甘いハンサムな顔立ちです。ノンケのスポーツマンで普段はとても穏やかな印象で愛想の良い好青年です。比較的早い時間から可能です。


【前説】
COWBOYのホムペを見ていて「きゃ~!すんごい体!」と思ったのがタカフミ君。ここ最近みたボーイさん画像の中では最高の完璧ボディ!バッキバキの筋肉に包まれた上半身も、血管が浮き出るほど引き締まった下半身も逞しくってヨダレジュルジュルよ。どうしたらこんな格好いいバランスの良い体になるのかしら?ジムで鍛えただけではないことがよく分かる完璧アスリートボディよね。ただ残念なのはバックタチウケどっちにも○が付いていないこと。そうなのよバックはどっちも出来ませんってことなのね。ノンケボーイさんみたいだからしょうがないのかしらとは思うけど、

そんなネガなことを書いているアタシだけれどタカフミ君に一度は会ってみたいという思いを抑えることは出来なかったわ。タチができなかったとしても、こんな格好いいボーイさんなら会ってみたいと思ったのよ。ホムペの画像では顔が載っていないんだけれどこれだけの体してたら顔がどんな顔だってアタシはOK!(笑) 本当にアタシって体専ねぇって自分でも思ったわ。そして週末夜、COWBOYの個室に行って来ました。さすがにタチもできないボーイさんと会うために全●●ホテルを予約するのはもったいない気がしてね。やりくり上手でメリハリ上手なアタシなの。うふ。

COWBOYは幡ヶ谷の駅から歩いて5~6分ほどのマンションの1室にあるのね。こういうマンション系売り専に行くたびに思うけれど、売り専店の隣に住んでいる人は、まさか壁一枚隔てた向こう側で日々男と男が粘膜と粘膜を重ね合わせているとは露ほども思ってないわよね。東京って本当に怖いところだわ~。よく考えたらアタシんちのとなりもどんな人が住んでいるのか知らないんだけれどそれも怖いわよね。マンションに着いてドアベルを鳴らすと背の高いマネージャーさんらしき人が出てきた。そしてそのまま個室に案内される。なんの変哲もない小さめの和室に布団が敷いてある。そして「しばらくお待ち下さい」と言われると入れ替わりですぐにタカフミ君が入ってきたわ。

【本題】
障子が開いてタカフミ君が顔を出す。その瞬間「あれ?見たことある顔だわ」って思ったらしばらく前までホムペで顔を出していたじゃないの。いつのまにか顔出し画像が削除されていたので気がつかなかったのね。アタシの頭の中では以前の顔出し画像がタカフミ君本人だったとは頭の中で繋がらなかったわ。タカフミ君のルックスだけど短髪の素朴な感じの顔立ち。「田舎の中学校の体育教師」みたいな雰囲気。タカフミ君ファンからしたら「田舎の体育教師ってそれ何よ!」って怒る知れないけれど、これって褒め言葉よ誤解しないでね。たとえば短髪と書いたけれど短髪は短髪でもゲイゲイしい短髪じゃなくて素朴な短髪って感じなの。そんなルックスに首から白いホイッスルを下げて競パン穿かせたら、ホントに田舎の体育教師26歳独身股間はモッコリって感じ(笑)。それにね、タカフミ君の顔を見ていたら彼の顔が時々グッとハンサムに見えるのよ。だから、素朴って書いたけどイケてない訳じゃないのよその逆なのよ、原石が持つ輝きみたいなものがあるのよ。アタシ今日はリキ入ってるわ。

彼の良いところはノンケなのに気安く話してくれるところね。それもセックスとは全然関係のない趣味の話や彼が付き合っている彼女の話などなど。そんな感じであれこれ話せたからアタシは彼に対して全然緊張しなかったわ。雑談もそこそこに「シャワー浴びましょうか」とタカフミ君が言う。そして立ち上がると彼はさっさとTシャツを脱ぐ。するとホムペの画像で見た体がアタシの目の前に表れた。彼の裸を見ての第一印象は、正直言うと「ホムペの画像よりちょっとだけ線が細いのかしら?」というもの。確かに胸筋もしっかり付いてるし腹筋も段を作っているけれど、ちょっとだけ線が細いような気がしたのよ。でもそれは高いレベルでの差異みたいな物で問題ないと言えば全然問題無いわね。それにアタシは変なところに目が行っちゃったんだけれどそれは乳首よ。彼の乳首ってね、もう本当に素敵な透明なピンク色で、それだけでノンケっぽくてたまんないって思ったわ。アタシもこんな小さくてピンク色な乳首がほしいわ~。だってアタシのなんかあっちこっちの男に弄ばれてつねられて、プックリ大きくなったマメ乳首がドドメ色だもの(笑)。

バスルームに案内されると古いマンションにありがちな殺風景な風呂場だったわ。バスルームっていうより風呂場って感じね。こんなこと言ってはあれだけど古くさい風呂場で体を洗われると一気にHする気が失せるのよねぇ・・・・・。豪華なバスルームなんて要らないけれど、風呂場で体を洗いながらそのままHしたくなるくらいの清潔感が欲しいわ。でね、ここで驚いたことがあったのよ。何に驚いたかというとね、アタシの体を洗ってくれて自分の体も洗うタカフミ君、ボディソープをシャワーで流して綺麗な体になった後で「ちょっとションベンしますね」と言って隣にある便器に向かってオシッコをし始めたのよ! えぇっ? なんで体を洗った後でオシッコするの? もちろんもう一度股間は洗うわよね?・・・・・と思ってその姿を見ていたら、シャワーでササッと流しただけでお終い。アタシはこの時点で「どどどどどどどういうこと?????」って思ってしまったわ。そりゃそうよね。オシッコした後のチンコをアタシに舐めろって言うことなの?って思うじゃない? 彼の考えてることがちょっと分かんなかったわ。店を出てから冷静に考えたのだけれど、本件に関しては「男にしゃぶられたくないからそういうことしてるんじゃないのかしら」という結論に達したわ。もしくはタカフミ君が「そんな細かいことまで気にしていなかった」ということかしら?

部屋に戻りタカフミ君が「どんなエッチをしたいの?責められたい?責めたい?どっちが好き?」と聞いてきたわ。アタシは迷わず「責められる方が好きよ」と答える。そう言うとタカフミ君はアタシの乳首に手を伸ばしてくる。でもその先の愛撫は決して「感じすぎて怖いわ」というものではなかった。こんな素敵なノンケがアタシの体に触れてくれているのね~と思い込まなければ快感を感じられない・・・・・そんな程度。しばらくすると彼の舌がアタシの股間に降りてきてアタシのチンコを口に含む。ぎこちないフェラだけどフェラをする彼の姿を見ていたらアタシ勃起してしまった。「あぁ体育のタカフミ先生がアタシのチンコくわえてるぅ!」なんて思いながら(笑)、も~アタシったら完全に一人っきりのシチュエーションプレイ状態。その後延々とフェラしてもらったわ。だってそれ以外の愛撫が気持ち良くないんだも~ん。

タカフミ君とプレイしていて気になったのは彼の発言と行動。ノンケなのは分かるけれど「男は無理。キスは無理。ケツなんて絶対無理無理!(笑)」というような発言や行動。露骨にホモに対する嫌悪感を表す発言が何回もあったのよ。それを聞いているホモなアタシは当然ながらどんどん気分が滅入って行ったわ。ぶっちゃけね、売り専バイトを始めたばかりの19歳のノンケボーイさんが「男なんて無理!」って言うのなら、アタシだってまだ笑って済ませられると思うの。「しょうがないわよね、まだ19だもんね」なんて言ってね。

でもね、タカフミ君みたいに25歳にもなって「男とやるのなんて無理!」って正々堂々と客に対して言っちゃあダメだと思うのよ。そんな風に言われたら、もともとドMなアタシだってサディスティックになってしまうわ。タカフミ君にフェラしてもらっていると「アンタは今、吐き気がするようなクッセー男のチンコをくわえてんだよ!ほら!もっと喉の奥までくわえなよ!」なんて思ってしまったわ~。ごめんなさいタカフミ君。サド侯爵みたいなアタシで・・・・・・。

ノンケのボーイさんにしてみたら、ホモの禿げ親父とキスしたり包茎チンコをくわえたりなんて苦痛以外の何物でもないわよね。アタシもその点はよく分かっているつもりよ。でもね、気持ち悪いからといってそれをあっけらかんと表情に出したり言葉にしちゃダメなのよ。「キスしてもいい?」って聞かれたら「キスはごめんなさい」って一言だけ言えばいいじゃないの。アタシはタカフミ君とHしながら「そこまで拒絶されてるのねアタシ。金が欲しいのは分かるけれど、でも・・・・・」とちょっぴり悲しい気持ちになったわ。

【結論】
ということでCOWBOYのタカフミ君は座布団■■枚。ホモに対する嫌悪感を隠し通して、出来ることをしっかりサービスしてくれたとしたら座布団3枚は出してあげてもいいのに・・・・・と残念だったわ。体験談の後半部分では彼に対する不満ばかり書いてしまったけれど、彼自身が全然ダメダメってことじゃないのよ。話している時に感じる彼の性格からすると、彼の発言って深い考えなくあっけらかんと無邪気に自分の気持ちを言っているだけだってことは伝わってきたから。だからあれこれ言われても彼のことは憎めないのよね。それは彼が得している部分だと思うわ。実際に楽しく会話できる雰囲気を持ったボーイさんだし。

彼を指名するなら90分とか120分の長時間の指名じゃなくて、短い60分の指名にしたらいいと思う。そうしたら支払う料金はリーズナブルだし彼の素敵なボディも楽しめるし、短いけど彼の責めも楽しめるし、それが良い選択なんじゃないかしら?(←これはアタシの勝手な判断よ)陸上選手のように鍛えまくったノンケのナイスバディを見たければタカフミ君を指名する価値はあると思うし。少なくともABBA BOYZの二階堂鉄クンみたいに一緒にシャワーも浴びられないわフェラはしてくれないわ彼の体に触ることすらできないわ・・・・・・という殿様商売じゃないんだもの。あーそれにしてもタカフミ君みたいなボーイさんがバリバリのバリタチだったらもう売れまくりでしょうにね。それが残念ね。世の中ってうまくできていないのね。

追伸:COWBOYでほかにイケてそうなのは、キョウヘイ君マサアキ君あたりかしら。マサアキ君はスジ筋って感じよね。コウジ君はタチが得意って書いてあるわ。そんなこと書かれてあると一度は指名したくなっちゃうわよね。

こう見るとCOWBOYのボーイさんのラインナップって決して悪くないのよ・・・・・ってゆ~かイケてるボーイさんが多いのよ。ホームページの体裁が地味だったり個室の風呂場があんなふうに古めかしかったりというところで、どうもイマイチな印象を振りまいているのがちょっと残念・・・・・。オーナー様頑張ってくださいませ~。

★ご注意★この体験談はあくまでわたくしきゅ~が個人的に体験したことの一部分を書いたものであって、そのボーイさんのサービス全てを記したものではありません。くれぐれもその点を誤解なきようにお願いします。売り専とは人を介したサービスですから、日によってもしくはお客側の対応によってボーイさんのサービス内容が変わることは大いにあり得ます。またボーイさんのルックスについての表現はアタシの主観的判断であり、すべての人が同じ評価をするものではありません。売り専はあくまで「遊び」なんですから、アタシの体験談を読むことだけでボーイさんを判断することはしないで、物は試しとどんどん遊びにチャレンジして欲しいと思います。よろしくね。
スポンサーサイト
[PR]

ヒロユキ(未体験)

●カウボーイのヒロユキ君(画像はこちら
サイズ:174×64
年齢:25歳
PR:とても真面目な印象の青年です。筋肉質で顔は一重あっさり、髪は坊主~短髪、P大でサービスもとても良いので人気があります。可能日不規則ですがお問い合わせ下さい。


以前もカウボーイのボーイさんを取り上げたことがあったけれど、その時にはまだ居なかったボーイさんをご紹介。ヒロユキ君で~す。「P大」と書かれている言葉が嘘ではないように、ニットトランクスの前部分の重量ぶりと言ったらもう!昇天!(笑) 肌も綺麗そうだしタチも可よ。そして背の高さもアタシ好み。もうどうしましょうとゆ~感じ。唯一心配なのは「タチウケ可」という表示ね。タチウケ両方可の場合、プライベートでは本当はウケなの~というオチが結構あるのよ。タチはできるけれどバリタチではない、という訳。

ここまで書いててふと思ったのだけれど、ヒロユキ君ってもしかして掲示板に書き込みのあったBODY PLANETのアタシ一番のお気に入りSTAFF01君と同一人物じゃないかしら? 年齢表示は違うけれど、身長とかチンコがデカイあたり特徴は似ているし、そして何よりも上半身のラインがそっくりな気がしてきたのだけれど・・・・・・。アタシの気のせいかしらね?

cowboy~訂正版~(未体験)

【改訂版よ】
売り専のホムペを見ていると「アタシが気が付かない間にいつのまにこんな顔ぶれになったの?」と思うことが時々あるわ。つい最近、良い意味で「こんな顔ぶれだったっけ?」と思ったのがcowboy。

http://cowboy.info/

気がつくと(本当かどうか別にして)ノンケっぽいボーイ君がわんさかいる売り専店になっていたの。以前のcowboyは「2~3人は良さげなのがいるけれど、あとはちょっとねぇ・・・・・」という今イチ感漂うお店だったのだけれど、最近のメンツは「イケてるノンケ揃い!」って感じ。メンスタほどバルキーじゃない、ほどよい筋肉がついたナイスバディ。微妙なイイ線狙っているわねぇ・・・・・なんて思っちゃったわ。

・・・・そんな記事を書いた一週間後、ちょっとだけだけどcowboyのホムペが新しくなってたわ。新しいボーイ君が加わったことと、「バックタチウケ可or不可」が明確になったこと。バック表示については今ごろ?って気もするけど、表示がないよりはましよね。ただショックなことが。下に書いていたアタシのお気に入りボーイがバックタチできないことが発覚!! ショーック!!

1)たとえば、この彼なんかアタシ好みのショートヘアで体もイケてる。ハンサムだったら最高な32歳ね!
http://cowboy.info/ryosukepic.htm
Pも巨根でプレイも上手いなんて書かれてると思わず指名したくなっちゃう。バックタチOKよ。

2)それから、この彼なんかもフツーっぽさの残るノンケみたいな雰囲気でいいわ!
http://cowboy.info/yuichipic.htm
ちょっと彫りの深いタイプのハンサムなんだって。アタシ好みの平井堅似かしら?この彼もショートヘアだし良いわ~なんて思ったんだけど、バックはウケだけだったわ。ダメじゃないそれじゃ。でも、こんなイケメンをガン堀りするのもいいかもね~。

3)そして、こんなガテン系もいるのよ。
http://cowboy.info/koujipic.htm
「締まった筋肉でPも大きいです。大柄な感じはないですがタチも得意です」なんてコメントだけでケツマンがジュンジュンきちゃう。この子、かなりイケそうな予感!

4)この彼も素朴そうな顔立ちだけど、体は・・・・
http://cowboy.info/takahiropic.htm
こんな子が後輩にいたらソッコーでイタズラしちゃうわよね。イメクラみたいな先輩後輩プレイをしたいわ~なんて思ったけど、この子はバックはどっちもダメ。どっちもダメ? イケてるだけに残念だわ。

5)新しく入ったこのボーイ君。バックはタチだわ29歳でほどよく熟れた年齢だわバックもOKだわで良いわ。
http://cowboy.info/masaakipic.htm
体は見ての通り筋肉質!

6)そういえば、この子って@GYMKの売れっ子(ウケ)よね?
http://cowboy.info/takaocpic.htm
色黒でがっしりした体型、乳首ピンッとしてて敏感そうだわ!タチの皆さん、試してみる?

ということで、今度はcowboyで指名してみようと思っている今日この頃。1)~5)の子を指名したことがある殿方、是非体験談をお知らせくださいませ~。参考に致します~。特に3と5がアタシ好みなの。3のガテン系にガンガンやられたりしたら昇天モノ。

ということで行ってきま~す!

ケイタ(■■)

★第7回★ ~ちょっと一息~番外編~カ●ボーイのケイタ君(画像はこちら

サイズ:174×62。
年齢:26歳。
PRテキスト:清潔感のあるカッコいい社会人です。色白で締まった体型、プレイもタチで好評です。


【前説】
思い出したくもないけど・・・・でもできるならもう1回ヤッてみたいボーイ君。それがケイタ君。今回は「番外編」としてお届けよ。

会社の帰り、同僚と軽く飲んでムラムラきちゃって携帯に手を伸ばしたの。もちろんボーイ君を呼ぶため。@GYMKやFIVE STARでお世話になった直後だったから「今回はちょっとマイナー系で勝負!!(失礼ね)」なんて思って、カ●ボーイにて指名することに。このカ●ボーイのホムペはとってもアットホームな作り(笑)。というか素人が作った手作り感覚溢れるデザイン。こういうのを見るとアタシちょっと不安になっちゃうのよねぇ。大丈夫かしら?って。

ボーイ君は小さい画像で縦にズラーッと並んでいる。ちょっと今イチ感溢れるボーイ君が多いような気がした。でもそんな中で「あら?」と思ったのがこのケイタ君。色白で綺麗な肌、でもしっかりと筋肉が付いているナイスバディ。アタシ、ビビッときたわ(笑)。実はもうひとり気に入った子がいたの。それはタカオ君。色黒で逆三のボディで177cmの長身。こっちの彼も気に入った。色白と色黒甲乙付けがたいわね!! そしてアタシは電話をかける。電話口に出た暗めの受付君にまずタカオ君のことを聞く。もちろん「タチはどう?」って。それがアタシの生命線だもの。そうしたら「タカオ君はどちらかといえばウケの方が得意なんですよ」だって。はい!一瞬で彼は消えたわ。それじゃと気を取り直して「ケイタ君はどうかしら?」と尋ねると「ケイタ君はしっかりタチができますよ」だって(はぁ~と)よし!それならケイタ君で決まりだわ!!

【本題】
ケイタ君を指名して、アタシはさっそくホテルの部屋で全裸~。会社近くのビジネスホテルにチェックインしちゃったの。全裸でケツを洗うわよ~。なぜか全裸じゃないとケツを洗えないアタシ。なんで?と自分でも思うけどやっぱり身を清めるなら全裸じゃない? そして、広めのバスルームに入ってシャワーのヘッドをはずして緩い湯量でシャワーを出す。そしてケツにノズルを当ててケツマンコの中に湯を入れる。そしてしばし我慢。トイレに移動してシャーッ!! と湯を出す。あ~アタシの穢れが流れていくわ。

でもね、このケツを洗う行為がアタシは大ッ嫌いなの。気持ち良くなりたいだけなのに、なんで30分もの時間を使ってケツマンコを綺麗にしなきゃなんないのかしら? それにケツに入れる湯量がちょっと多すぎちゃうとケツの奥の方まで湯が入っていっちゃうから、腸の奥の鎮座ましましていた宿便みたいなウンコが出てきちゃったりするのよ(汚い話でごめんあそばせ)。そうしたらケツのお掃除また一からやり直しよ。もうイヤ。このメンドくささがホント嫌よ。でも、男とエッチするときには何があってもケツをキレイにしてからプレイに臨むわよ。当たり前のことだけど。その点タチって楽よねぇ。

時間通りにケイタ君が現れた。ドアを開けて入ってきたケイタ君の顔はアタシが勝手に予想していた顔とは全然違っていた。もちろブサイクってワケじゃないんだけど、妙に素朴な感じ。「誰かに似ているわねぇ?」って思ったら、以前指名したF●VE ST●Rの憲一クンにクリソツなことに気がついた。そういえば憲一クンも素朴な顔つきだったわ。もしかして兄弟?

さっそく裸になるケイタ君とアタシ。シャワーを浴びてベッドに横になり、改めてケイタ君を眺める。写真の通りケイタ君はスベスベの綺麗な肌。でも触れるとしっかりとした筋肉を感じてアタシは思わずケツが疼く。彼がアタシに覆い被さりキスを求めてくる。ボーイ君と何度寝ても、キスをするこの瞬間、アタシはゾクゾクする。唇と唇が触れた瞬間にアタシの中で緊張の糸が切れる。彼の舌がアタシの中に入ってくると、アタシの中で淫乱な何かが弾けちゃうのね。

キスをして彼がアタシのカラダを愛撫しはじめる。でも正直なことを言うと、ケイタ君がどんな愛撫をしてくれたのかアタシはあまり覚えていない。どうしてかといえば、このあとで「なんなのよ~それ~!!」と思うような出来事があったから。

アタシが彼に愛撫をされて勃起しまくったあと、逆にアタシがケイタ君のカラダを愛撫したの。形の良いチンコをクチに入れてグイグイ勃起する彼のチンコを扱き上げる。そして根元まで飲み込みそして雁のあたりを舌でチロチロと刺激する。ケイタ君は元気ですぐにギンギンに勃起したわ。それを見て「お願い、アタシに入れて」とお願いしようと思ったけど、けっこう感じやすいケイタ君を見ていたらもう少し責めたい気分になたのね。ネコちゃんのイタズラ心っていうの?(笑) でも、それがそもそも間違っていたのね。アタシが再びフェラをはじめてしばらくしたらケイタ君が「あっイッちゃう」って言ったかと思ったらいきなりイッちゃったのよ!!

ガーンッ!! どうしてイッちゃうの?(涙)

たいした飛びっぷりでもなく果ててしまったケイタ君。あまりに早くイッちゃったのでアタシは唖然としてしまった。枕元のティッシュを取って、彼の腹筋の上にばらまかれたザーメンを拭き取るアタシ。なんだかアタシがボーイになった気分だわ。でもこれから後の展開をどうするのか困ってしまったのよ、予想外の展開だったから。今まで自分よりも先にボーイ君がイクことってなかったし。←だってアタシは売り専初心者だもの~。

アタシもこの状況に気が動転しちゃって、射精して放心状態のケイタ君によりによって「アタシに入れてくれない?」なんてお願いしちゃったのよ。そうしたらケイタ君、思わず笑いながら「そりゃ無理だよ~(笑)」って言ったわ。

アタシ思わずカチンと来てしまった。いくらなんでもそんな言い方をしなくてもいいのにと思って。アタシも焦ってたのねぇ、このままじゃケツ掘ってもらえないわって。今思えばアタシがボーイ君だったとしても「おいおい今イッたばかりなのにそんなこと聞くなよ~」って思うだろうけど。でもね、チェリーな私は「うん、ちょっと一休みしてから頑張ってみます!!」なんて殊勝な返事が返ってくるとばかり思っていたのよ。アホだわアホアタシはアホよ~。

さっさとイッちゃったケイタ君は当然ながら達成感&満足感で放心状態。だからそのあとで彼がアタシにしてくれたのはフェラとテコキだけ。でもどんなフェラだったのかもアタシ全然覚えていないわ。それになんだかテンション下がったもんだから、結構早くイッちゃったのよね~。

【結論】
ということでカ●ボーイのケイタ君は座布団■■2枚!! 本当は座布団■1枚にしたいところだけど2枚にしておくわ。分かっているの、ちょっとフェラを頑張っちゃったアタシが悪かったんだものね。「イキそう」って言われた瞬間に止めれば良かったのよね。そうなのそうなのよね。でもね、仮に思わずイッちゃったとしてもお客から「プレイは予定通り続けて」って言われたら、プロとしては「承知しました!」みたいな根性を見せてほしかったわ。なかなか勃起しなくてもポーズだけでもいいからアタシのケツをいじってほしかった。アタシが「入れてくれる?」と聞いた時に笑いながら「そりゃ無理だよ~」って言われた瞬間、アタシは素に戻ってしまったんだもの。カラダはイケてたんで、ケイタ君とのセックスを楽しみにしていただけに残念。あーこんな文章を書いたあとで何だけどもう1回指名してみようかしら? だってカラダは良かったもの。←懲りないオンナね。

«  | HOME |  »

プロフィール

きゅ~

Author:きゅ~
某アパレル企業勤務の男です。でも、心と体はオンナなの。そこんとこよろしくね。
このBlogではアタシのハートを震わせてくれた素敵なセックスワーカーの男たちをご紹介します。



アクセス解析


FC2 Blog Ranking

 

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク