FC2ブログ

2019-12

Latest Entries

圭太君☆ABBA BOYZ

店名:ABBA BOYZ
名前:戸崎圭太君

スペック:
年齢:28歳
身長:180cm
体重:69kg

バックタチウケ:タチウケ可
紹介文:社会人野球部、スジ筋で男らしいタイプ。
今のところほぼ毎日とまり以外で可能です。 
画像はこちら


【前説】

ある方からメールをいただいて「指名してみようかしら?」と思ったのが、今回ご紹介するABBA BOYZの圭太君。ノッケからなんですけど、その方に「圭太君って素敵なボーイさんですよ」と教えていただかなければ、アタシ圭太君のことは指名はしなかったと思うわ
。それはなぜかというとABBA BOYZのホムペを見ても圭太君ってあんまり目立たないんだもん。カラダもガチガチの筋肉質ボディって感じじゃないし・・・・・・。どうもパッとしないという印象なのよね。それが証拠に過去に圭太君を指名しようかしらって真剣に考えたことはなかったわ。

それなのに、どうして指名したのかというと、メールをくださった方が信用できる方だったからなの。過去にも他のボーイさんのことを教えてもらったことがあってそのボーイさんも確かにイケてるボーイさんだったの。だから○さんが教えて下さったのなら一度指名してみようかしらね?と思ったの。

ところが、奄美太郎君という強力新人が出てきて、あ~太郎君と圭太君どっちを選べばいいのよ~!!と大いに悩んじゃうことになったのね。

でも悩んでいてもしょうがないわ!と思ってABBA BOYZに電話したわ。行動起こすのは早いアタシなのよ。電話口に出たボソボソ声の男性に聞いたのよ「奄美君と戸崎君がいいなと思ったんだけれど、今日の夜二人は空いているかしら?」って。そうしたら「戸崎君なら空いていますよ」という返事。

あら~今日のご指名は戸崎君に決定だわ~。ごめんね奄美君。奄美君は今後またいつかきっと指名するから待っててね~ん。でさっそく圭太君を夜に予約を入れて、代々木のABBA BOYZに向かうことにしたわ。

JR代々木駅から歩いて10分弱のABBA BOYZ。ふつうの住宅街の一軒家がお店なのよね。玄関を入って奥の座敷に案内されたわ。マネさんが下がって、アタシが部屋に一人で残されると、しばらくしたら襖がコンコンとノックされた。そして襖を開けて入ってきた長身の男性が圭太君だったの。アタシはとっさに彼の顔を見る。ホムペの画像のイケなさぶりとは打って変わって、圭太君は180cmの長身にくわえてかなりのイケメンだったのよ。いや~ん!予想外の展開に困っちゃうわ~。

ホムペではモザイクがかかっていた顔だけれど実物は笑顔が素敵で、「こんにちは(ニコッ)」とアタシに笑いかけてくれる。それにね坊主頭がクリクリしててこれまたイケてるのよ~。オシャレな坊主さんよ。プロフの通り背も高いしルックスもいい!でしょ? パッと見だけだけれど先日のヒサシ君に続きイケてるボーイさんかもしんないわ。

○様、あなたの言うとおり圭太君ルックスイケてたわよ。

畳の上に座って話しはじめる二人。笑顔を絶やさず話をしてくれる圭太君。圭太君の笑顔を見ながら、思わずアタシもニコニコと笑いながら話してしまった。圭太君は年齢が20代後半ということもあり、落ち着いたところもあってそれも魅力的なのよね。ホムペでは目立たないのにとっても素敵なボーイさんっているのねぇ東京って広いわ~・・・・・なぁ~んてしみじみ思ったわ。

この時点でアタシ奄美太郎君のことなんかスッカリ忘れちゃってた(笑)。ごめんね太郎君。

【本題】
たわいもない世間話をした後で、「それじゃシャワーを浴びましょうか」と言われた。ホムペの圭太君の写真を見たら、どうにも可もなく不可もなしなカラダにしか見えなかったのだけれど、アタシの前で服を脱いだ圭太君の裸は背が高くてスマートなんだけれどガッシリした男らしい体型でとっても魅力的。ホムペの画像より実物の方がずっと良かったのよ。これもさらに嬉しい驚きよ。

彼と一緒にシャワーを浴びる。すぐ近くで見上げる圭太君の笑顔はやっぱり素敵。アタシは恥ずかしくなって思わず下を向いてしまう。彼はアタシを後ろに向かせ、後ろから抱きすくめるように優しくカラダを洗ってくれる。背の高い圭太君に抱き締められると彼のオンナになったような・・・・・そんな素敵な気分になるわ。

バスルームから出て部屋に戻り、ふたりで布団に横たわる。すぐにアタシを責めてくれる圭太君。この時ちょっと驚きだったのが、ベッドに横たわってSEX を始めるとそれまでの圭太君とは打って変わって凄く男らしい雰囲気に変わったってこと。雑談をしているときの彼はニコニコと笑顔を絶やさず穏やかな雰囲気だったので、ガラリと雰囲気が変わったような気がしたわ。

それが証拠に男らしくしつこく激しくアタシを責めてくれる。アタシが感じすぎて思わず声を上げると、「うん?どうした?」と聞いてくる。「ちょっと感じちゃって・・・・・」とアタシが答えると、「うん?止める?どうしてほしいの?」と男っぽく聞いてくる。アタシが「うぅん、もっと・・・・お願い・・・・」と恥ずかしがりながら言うと、また激しく愛撫してくれる。

乳首をビンビン弾かれてグリグリと摘まれてそして舌で刺激されそれだけでアタシの股間はギンギンに勃起してしまった。それを圭太君は見逃すはずもなく、アタシのチ●コに手を伸ばしゆっくりと扱きあげる。それだけじゃなくて圭太君の手はアタシの後ろにまで伸びてくる。そしてアタシのケツマンコの位置を確かめ、そして指をゆっくりゆっくり入れてきて気がつくと指をグイグイ出し入れされていたわ・・・・・・。乳首とケツマ●コを同時に責められているアタシは恥ずかげもなく啼き声を上げていた。

圭太君の指はさらに奧まで入ってきてケツの中で蠢く。そして指が抜かれたと思ったら今度は2本も入ってきて・・・・・。ギチギチにケツの襞が拡がっていくのが自分でも分かる。そしてアタシの中に入ってきた指がGスポットを探しはじめ、その突起はすぐに見つかってしまった。そしてその突起を圭太君は執拗に責めてくる。

Gスポットを責められてチ●コの付け根に鈍い快感が拡がってゆく。いつもそうなんだけれど、指でGスポットを刺激されても、分かりやすく「気持ちいい!」って感じじゃないのよね。なんというか、鈍くて切ない感じというか単純に気持ちいいという感じではない、そんな泣きそうになるような切ない快感がチ●コの奧に拡がっていくの。たまんないわ。

圭太君は、アタシが感じ始めているのを見て執拗に繰り返しGスポットを責める。スゴ・・・・・・凄いわ圭太君。アタシが「あ・・・・・あっ・・・・・ふ」と声を上げると、「どうした?」と低い声で聞いてくる。ちょっとちょっと圭太君、雑談してた時のにこやかな雰囲気とは全然違うじゃないのよすんごい男っぽいわよ。アタシ思わず「そこが・・・・・そこ・・・・・感じるの・・・・」と言うと、「ほら、ここだろ?」と言いながらまたグリグリッとGスポットをこすり上げる。

あっ・・・・・ふっ!・・・・・くぅっ! ダ・・・・ダメ・・・・・・そんなに刺激しちゃ・・・ダメだってば・・・・・・・・・・。あっ・・・・・。

アタシのことをケツが感じまくる淫乱女と見抜いた圭太君はさらにしつこく指を動かし感じさせてくれる。でもダメよそれ以上刺激されたら漏れちゃうかも・・・・・あっ・・・・あっ・・・・・くっ・・・・くぅぅっ・・・・・・。気がついたら、先走りがチ●コの先から腹の上にダラダラと溢れていたわ。

でも、圭太君の凄さはそこから先だったのね。アタシのケツマ●コを責める圭太君の股間を見ると、結構デカい物が上を向いて勃起していたの。圭太君もヤル気マンマンってことよ。アタシ、圭太君の物を握りしめると上下に扱きあげる。それだけでは足りなくて、彼の物をくわえにいったわ。彼の物は硬く勃起していて、これからこのデカマラでケツを貫かれるのかと思うと、アタシのケツマ●コはヒクヒクしてしまった。

アタシは圭太君のGスポット攻撃に大きな声を上げてよがっている。その姿を見た圭太君は自分のチンコを握りしめながら「今度はこっちがほしい?」と聞いくる。アタシはギンギンに勃起した彼のチ●コを見ながら、か細い声で「うん・・・・・お願い・・・・・入れて・・・・・」と答える。すると圭太君は枕元に置いたローションに手を伸ばしアタシのケツマ●コに塗りつける。

そして圭太君のデカマラがゆっくりアタシの中に入ってくる。久しぶりにバックを使ったからか、アタシのケツマ●コはギチギチに拡がりきっていたわ。こんなに凄い圧迫感なのに彼のデカマラはたぶんまだ半分くらいしか入っていないはず。アタシは「圭太君、ゆっくり・・・・ゆっくり入ってきて」と伝える。圭太君は「大丈夫?」と聞きながらゆっくりとマラを差し込んでくる。そして完全に根元まで突っ込むとしばらくの間じっとしてくれていたわ。男っぽいけれど根は優しい圭太君なのね。素敵。

アタシはケツ一杯で圭太君のマラを感じていた。少し動かされるだけで痛みと共に快感が拡がる。痛いのに気持ちいい。圭太君はゆっくりと腰を動かしアタシの反応を探る。あ・・・・・ゆっくり動かされていくだけで、凄い・・・・感じるの・・・・・だ・・・・・ダメ。あ・・・・。どうしよう、圭太君のマラをケツマ●コいっぱいで感じてしまう。どうしよう。

圭太君はゆっくりとチ●コを引きずり出す。そして根元までズップリ突っ込む。最初はゆっくり抜き差ししていたのが、だんたんとスピードを早め、気がつくとガン堀りをし始める。そのガン堀りはしつこいほどにアタシのGスポットをこすり上げる。ケツマ●コの奧でグツグツと快感が煮えたぎる。でも今日のアタシはトコロテンをすることなく、切ないほどの快感がずーっと繰り返し繰り返しアタシを襲ってくる。ダメ・・・・こんな快感地獄耐えられないわ。

圭太君の顔を見ると、男らしい顔から、さらにSっぽい表情になっていた。アタシはもうケツマ●コが気持ち良すぎて気持ちが変になりそうで、「圭太君、ダメ・・・・・お願い・・・・スト・・・・・ストップ・・・・」って言ったわ。ケツの奥がどうにかなりそうで、一端休憩してもらいたかったのよ。

でも圭太君は「なに?止めんの?気持ちいいんじゃないの?」ってマジな顔して言いながら、さらに「ほら? これどうだよ?気持ちいいんだろ?」と言いながら、腰の動きをさらに激しくして「ほら、どう?」と言いながらアタシのGスポットにチ●コを激しく擦りつけ奥の奧までガンガンに堀り続ける。

すご!!・・・・・凄いわ!圭太君。アタシのマンコはパックリ口を上げて圭太君のガン堀りでクッチャクッチャクッチャといやらしい音を立て始める。アタシのケツマンの入り口はローションが泡立っているはずよ・・・・・。一番始めの圧迫感はどこかに行って圭太君が奥の奥まで掘り込むほどにアタシのチンコの先からダラッ・・・・ダラッとザーメンが漏れ出す。ヤバイけど凄い感じてる。トコロテンしたザーメンはアタシの腹の上でかたまりになっているわ。


それを見ながら圭太君はアタシが漏らしたザーメンを掬いとりアタシの亀頭に塗りたくる。そしてまだ硬くなっていないアタシの物を握ってガシガシと扱きはじめる。アタシはケツの方が感じてなかなかチンコが感じなくなっていた。それを分かっているかのように圭太君はザーメンを亀頭全体に塗り拡げそして雁の部分をしつこく責めたてる・・・・・・・・。

気がつけば、ケツの穴がパックリ開いて圭太君にどんな角度から掘り込まれてもアタシの穴は圭太君のマラに絡みつく。そのときアタシのケツの奥では快感がグツグツ煮えたぎっていて・・・・・・・掘り込まれてまたトコロテンをしてしまった。そしてすでにギンギンに勃起したアタシの物は圭太君の手でガシガシ扱かれてケツだかチンコだか分からないほどアタシの股間には快感が煮えたぎっているの。

ダメ!ダメ!・・・・・これ以上掘られたらダメよ・・・・。あっ・・・・あぁ!! 圭太それ以上ケツマ●コをかき回されたらアタシおかしくなっちゃう!あっ!あぁっ!・・・・・あふっ。圭太君はアタシの啼き声を聞いてもガン堀りを止めようとはしなかった。ここがほかのボーイとは違ったの。アタシはあまりの気持ちよさで気が変になりそうになりながら、そのあと何度もトコロテンさせられたわ。

チ●コを扱かれてアタシが行きそうになっちゃって、もう少しSEXを楽しみたいと思って「これ以上扱かれたらすぐ行っちゃうからダメ・・・」ってお願いすると、扱く手を止めてくれたの。圭太君の良いところは、それからあとはアタシのチ●コを扱いてもアタシが行きそうな声を上げるとアタシが何もお願いしなくても扱く手を止めたところよ。そうなの、つまりアタシはガン堀りされながらチ●コを扱きまくられ行きそうになると手を止められるというとんでもない快感地獄に落とされていったのよ。

そして最後にはギンギンに勃起したチンコから大量のザーメンを吹き上げちゃったわ。もうたまんない。

【結論】
ということでABBA BOYZの圭太君は座布団■■■■4枚!!  ABBA BOYZのホムペ画像が今イチだったので、実物を見た時のイケメンぶりが嬉しい誤算だった。それ以上に誤算だったのは彼の優しい顔からは想像できないほどのタチっぷり。それも、ちょっとだけS入ってるかもしれないタチプレイがとても魅力的。雑談の時の優しい顔と激しいプレイのギャップはとても魅力的だわ。

本人は自分のそんな魅力を分かっているのかどうか分からないけれど、短時間で客をイカせようとするんじゃなくて、しっかり掘りまくってくれるところがとっても魅力的。アタシがあまりに気持ちよくてもうダメと思ってストップとお願いしても、圭太君はアタシの快感でうわずった声色を見逃さず、アタシがもっと感じたがっていることを見透かして、さらに激しくガン堀りをしてくれたわ。その結果アタシは乱れに乱れて凄い快感に襲われたの。見事なタチっぷりよ。とても良いボーイさんだわ。

体験談を読んだ殿方の中には、そこまでベタ褒めなのにどうして座布団が5枚じゃないの?と思った方もいらっしゃるかもね。それはね、なんというか圭太君の中で売り専という仕事に割り切れない物を感じている部分があるように思えて、それがSEXのところどころにも出てきているような気がしたのよ。たとえば最後までキスはしてくれなかったし・・・・・。

一番初めに指名したGratchの浩司君に感じたのと同じ感覚・・・・とでもいえばいいかしら? SEXの最中ガン堀りしているふりして、彼の顔を見れば「心ここに在らず」みたいな表情をしていたりするの。圭太君の心の中は分からないけれど、たぶん圭太君の中で売り専という仕事に割り切れないモヤモヤとした物を感じているんじゃないかしら?

圭太君が(売り専はアルバイトではあるけれど)「どんな客だって徹底的にやってやるぜ」と腹を括ったとしたら、たぶん凄いボーイさんになるような予感があるの。熱いキスをしてくれてフェラだってしつこくやってくれたとしたら・・・・・・たぶんアタシにとって圭太君は今年No.1のボーイさんになると思うわ。

えっ? また指名するのかって? 勿論よ。こんなイケてる男そうそういないもの。

ここまで読んだら、下のアイコンをクリックしてね。お願いね。
↓↓↓↓↓↓
e_01.gif

 

 ★ご注意★
この体験談はあくまでわたくしきゅ~が個人的に体験したことの一部分を書いたものであって、そのボーイさんのサービス全てを記したものではありません。くれぐれもその点を誤解なきようにお願いします。
売り専とは人を介したサービスですから、日によってもしくはお客側の対応によってボーイさんのサービス内容が変わることは大いにあり得ます。また、ボーイさんのルックスについての表現はアタシの主観的判断であり、すべての人が同じ評価をするものではありません。
売り専はあくまで「遊び」なんですから、アタシの体験談を読むことだけで簡単にボーイさんを判断・評価することはしないで、物は試しとどんどん遊びにチャレンジして欲しいと思います。よろしくね。

スポンサーサイト
[PR]

奄美太郎☆ABBA BOYZ(未体験)


店名:ABBA BOYZ
名前:奄美太郎君

スペック:
年齢:29歳
身長:177cm
体重:70kg

バックタチウケ:タチ可<サラブレッドボーイ>
紹介文:
文句あるかのSASUKE兄貴登場で大興奮間違いなし!!
ティップ族の色黒おねぃさんも顔負け。
なんとGYMにいかずにできたこのボコボコ腹筋山脈!!
トレーニングと食事に対するこだわりが半端じゃないゾ。
このbodyでタフ&テクニシャンですから特に腹筋フェチ、Mの方100%絶対に満足させます。
※なるべく待機しますので居る時は電話で本人と会話後にご指名できます。 
画像はこちら

ちょっとちょっとど~なのよこの紹介文。アタシ申し訳ないけどこの文章を読んだだけでチンコの先からお露が滲んできちゃったわよ(笑)。

29歳という大人な年齢もアタシ的には大いに良し。177cmの身長も良し。そしてリンク先の画像の通り体も良し・・・・どころか最高な体じゃない?

店のロゴで隠してある顔だってどう見てもイケてそうよね? そして、タフなテクニシャンときて、さらにMの方は100%満足・・・・・・・・・・なんて、ドMなアタシはドピュ!だわ。←何興奮してんのかしらアタシ。

あ~んさっそく指名したいのに今週は休み無し。来週も休みが不確定ときたわ。ど~なってんのよアタシの職場は!遅ればせながらアタシ独りで春闘開始よ。アタシに休みを寄越しなさいよ~!

ここまで読んだら、下のアイコンをクリックしてね。お願いね。
↓↓↓↓↓↓
e_01.gif


二階堂 鉄(未体験)

●ABBA BOYZの二階堂 鉄君(画像はこちら
168×65×24 P16cm Xボーイ
体育会"系"でさんざん騙された方お待たせいたしました。とうとう本物の体育会boy登場!! 完璧な肉体とルックス。あぁ男の美とはこういうものだったのか!! 謙虚+自信満々で皆様のご期待に副えるよう精一杯頑張ります。

※出勤時は完全待機。専用のコスチュームを着てご来店の方を接客いたします。
※本人忙しく週に1回ほどのシフトです。
こちらに予定日が出ていない場合はスケジュールは未定ですのでお答えはできかねます。
またご要望いただければ予定わかり次第お客様のmailアドレスにご案内させていただきます。
※事情によりファイル閲覧は有料とさせていただいております。(1,000円)
※mailでのご予約(すぐにご連絡できない場合があります)


見てその瞬間、「完璧ナイスバディね!」と思ったのがABBA BOYZの二階堂鉄クン。24歳でこの体・・・・。
あまりに完璧過ぎるわ・・・・(溜め息)。168cmとちょっと背が低いのが気になるけれど、画像から伝わる彼の体の魅力はそんなことをどうでもいいと思わせる魅力があるの。ただし、肝心のバックについてはタチ・ウケどちらの表示もなし。さらに、Xボーイとかいうランクで、料金は「応相談」だって・・・・(笑)。これって「時価」みたいなもんかしら?寿司?

応相談なんて「客をバカにしてるわ~」って思いながらも、「本物の体育会生とやりたい!」ってゆ~客にとってみたらこんな体のボーイならいくら出しても(もし彼が完全マグロだったとしても)会いたい!と思うかも知れないわよね~。要は需要があるのならこういう表示もアリだとも思ったわ。だいたい他のボーイさんについてはちゃんと価格を提示してるんだし・・・・・あら、これって当たり前のことよね(笑)。

さて、体だけ見たら文句なしで最高なボーイさん、どれくらい人気が出るのでしょうか? アタシは興味津々よ。

萩原晃太(■■■)


★第22回★ABBA BOYZの萩原晃太君(仮名)
180×68×29 バックタチ可 P16cm
うっとり眺めてしまうほどのナイスBODY!! 相談に乗られることも多いという優しいところもある彼はスーツも似合い、性格も◎でお勧めです。顔はあっさり目路線です。スケジュールはイレギュラーなのでお問い合わせください。
★ホムペはこちら



【前説】

以前「未体験ボーイさん」で書いたABBA BOYZの萩原晃太君だけど、ABBAのホムペを見れば見るほどお手合わせしたくなっちゃったわ。今日は久しぶりのお休み、最近全然使っていないケツマンコが疼いて疼いてしょうがなくって思わずABBA BOYZに電話をしてしまったわ。電話口に出たお兄ちゃんというかオネー様はちょっと頼りない対応。こちらの名前も聞かないし大丈夫かしら?と不安になったわ。

【本題】
今日は珍しくホテルをとって晃太君を指名したの。マイレージを使って予約したわ。時間通りにチャイムが鳴って「あっ!晃太君だわ」と思ってドアに近づき、そして開ける。ホテルの廊下に立っていたのは、長身の男が立っていた。ホムペを見て180cmと知っていたのでビックリ!というほどではないけれど、それでも180cmの男って見上げるような背の高さよ。アタシそれだけでドキドキしちゃったわ。一番心配だったのは顔よね、ホムペには「あっさり目路線」とだけしか書いていなかったから。決してハンサムじゃないのねぇ?って思っていたのよ。でも実際の晃太君は全然ブサイクじゃなかったわよ。ちょっとうまい表現が見つからないけれどノンケっぽいルックスというのかしら。スーツを着たらちょいイケリーマンってカンジに見えると思うわ。

広いダブルベッドに腰掛けて晃太君と話す。最初は全然気にならなかったんだけど、話を続けるとちょっとだけ本当にちょっとだけオネェな雰囲気が出てきたわ。でもそれが嫌って訳じゃなくて、あぁ晃太君ってゲイなのね~って思った。パッと見全然ゲイゲイしくないので逆にオネェ風味が垣間見られてちょっと安心したくらい。話している晃太君はふつうのTシャツ姿がふつうに格好良く見える。Tシャツの上からでも「ABBA BOYZのホムペに載っている体がシャツの下に潜んでいるのねぇ」なんて思いながら彼のことを見ていたの。

「それじゃシャワーを浴びましょうか」と言われ、二人で向かい合って服を脱いだわ。シャツの下から表れた晃太君の裸ははっきり言ってABBA BOYZのホムペよりも引き締まった良い体。そして、下半身にはそこそこ大きなチンコが垂れていた。あんまり巨根ではアタシの小さな蕾には入らないもの、ちょっと大きいくらいが良いわよね・・・・・・な~んてことを考えながら二人でシャワーを浴びたの。

ベッドルームに戻ってきて二人でベッドに横たわる。でも彼は横になったままでアタシの体を触ろうとはしない。そうなの「まず俺に奉仕しろ」ってことなのよ。別にふつうに付き合っている相手だったらそんなの普通だろうけど、ボーイさんとやる時はボーイさんの方からリードして責めてもらいたいって思ってるの。実際ほとんどのボーイさんはベッドに腰掛けると優しくリードしてくれる男ばっかりだったし。例外はメンスタ修斗と合わせて2~3人しかいなかったわ。だからせっかく顔も体も気に入った晃太君だったのにベッドに仰向けで横たわっている彼を見たら「彼ってそういうタイプだったんだ・・・・・」なんて思ってしまった。ちょっとテンション下がったわ。

でも彼がそういうノリなんだからアタシがまずは奉仕したわ。彼の乳首に舌を這わせそして指で刺激する。硬い筋肉で覆われた胸を舐め、そして首筋への愛撫をする。逞しくて大人の色気も少しだけ感じてアタシは興奮する。首筋を舐めて彼の顔を見てそして「キスしてもいい?」って彼に確認をしたわ。ボーイさんの方からキスをしてこない場合どうしても「キスしてもいい?」と確認する癖がついてしまったの。やっぱり積極的にキスをしてこないボーイさんは客と(アタシと?)キスをするのが嫌ってタイプがほとんどのような気がするから。晃太君もマグロ状態なんで当然向こうからアタシにキスはしてこなかったからパブロフの犬のように「キスしてもいい?」と尋ねたの。そしたら晃太君ちょっと嫌そうに苦笑いをして「キスはちょっと・・・・・」とだけ答えたわ。残念だけれど、さっきのマグロ状態の件とこのキスの件を合わせて、アタシはかなりテンション下がってしまった。

でもここでテンション下げても気持ち良くないので彼の愛撫に神経を集中して気持ち良くなってもらおうと心がけたわ。でもね、ここで三度アタシのテンションを下げる出来事が。そうなの晃太君ったらアタシのオットセイに一切口を付けなかったのよ。乳首を刺激され股間を扱きあげられアタシのおっとせいはビンビンになっていたわ。だから駄目押しで晃太君のクチマンで気持ち良くなりたかったのに、残念ながら晃太君は手で扱くばかりだったの・・・・・・・。その後晃太君は自分のデカマラにゴムを被せそしてアタシのケツマンコに押し入ってきたわ。アタシは彼にガンガン掘られながらかなり気持ち良くなってしまっていつものとおりオンナのようにアンアン啼いてしまった(恥)。最後は「もっとガンガンに突いてぇ~!」なんて叫びながら晃太君に扱かれてぶっ放してしまったわ(再度恥)。

【結論】
ということでABBA BOYZのの萩原晃太君は座布団■■■3枚。キスもフェラもしてくれないボーイさんだったけれど、しっかりエクササイズして引き締まった体はアタシの理想の一つだと思ってちょっと甘い判定になったのかもしんな~い。冷静になってからもう1回指名しようと思うボーイさんかしら?と自問自答してみると、それはちょっとどうなんだろう?・・・・・・って答えだわ。せっかく立派な体を持っていてガタイ専な客はそれだけで指名してくれるかもしれないってゆ~のに、晃太君にはサービス精神が欠けている。そんな彼のぞんざいな姿勢が客側にもばれてしまって客は醒めてしまうと思うわ~。アタシも思いっきり醒めちゃったし。ほんともったいないボーイさんだわ。

萩原晃太(未体験)

●ABBA BOYZの萩原晃太君(画像はこちら

180×68×29 バックタチ可 P16cm
うっとり眺めてしまうほどのナイスBODY!! 相談に乗られることも多いという優しいところもある彼はスーツも似合い、性格も◎でお勧めです。顔はあっさり目路線です。スケジュールはイレギュラーなのでお問い合わせください。

こんなボーイさんがいたなんて!どうして今まで気がつかなかったのかしら?と画像を見て思ったのがABBA BOYZの萩原晃太君。どんなに行けてる体なのか、とにかくABBAのホムペを見ていただきたいわ。身長だって180cmなのよ。東京にはたくさんのボーイさんがいるけれど180cmもあるボーイさんってそうはいないわよ。それにね、年齢は29歳。そうなの大人の男なのよ。そしてタチオンリーなのよ。年齢とタチオンリーというところからしても、テクニシャンなバリタチなんじゃな~い?と勝手に期待しちゃったわ。次の休みにでも指名したいわね!

ABBA BOYZでいえば、新入りの一ノ瀬祐一君にもちょっと期待しちゃうわ。だってね、秘蔵写真を見てよ。モザイクがかかってるけど、けっこうなイチモツよ!PR文にはわざわざ「テクニシャン」って書いてるのよ。こんなデカチンでケツマンコを掻き回されたら速攻でトコロテンしちゃいそうだわ~。

«  | HOME |  »

プロフィール

きゅ~

Author:きゅ~
某アパレル企業勤務の男です。でも、心と体はオンナなの。そこんとこよろしくね。
このBlogではアタシのハートを震わせてくれた素敵なセックスワーカーの男たちをご紹介します。



アクセス解析


FC2 Blog Ranking

 

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク