FC2ブログ

2004-12

Latest Entries

○介(■)

【前説】
今年もあと一日ね! ったく30日だというのに、どーしてこうも客が多いの!明日の大晦日まで働いて元旦だけ休んで初売りは2日から。店の手伝いももう嫌だわ(笑)。そうそう、店にあったイタリアの某ブランドマフラー(29800円)がほしい。ここ数日グッと冷え込んで雪まで降ってきちゃったもんだから、思わず欲しくなっちゃったわ。明日朝イチで取り置きしてもらおうっと。

さて、今年もいろいろなボーイ君と出会いました。ブログでは座布団5枚を連発していたけれど、その陰には乙女なアタシが「テメーコノヤロー!」と叫んでしまいたくなるサイテーボーイや、「なんだか分からないけれどイマイチねぇ」と思ってしまう波長の合わないボーイ君もいたわ。そんなブログに書けなかったボーイ君を今回はひとりご紹介します。

【本題】
それは春先のある日にお手合わせ願った男狩(大阪)の○介クン(第17回)。

■28歳 176cm 78kg 
■PR:バルクマッチョ系の爽やかスポーツ青年だが、大人の味が出てきたぜ・・・。元淫乱イントラ!最近の俺は無精髭面、SEXYBODYに野性味がUPかな・・・。 

身長と体重を見てもらえれば分かるように、ガッシリとした体つきの○介クン。イントラをやっていたこともあるみたいで、実物は確かにガッシリとした逞しい体つき。肝心の顔はBADIでグラビアを飾ったこともある某売り専ボーイ君に似ているわ。ヒゲ面で確かにカッコイイ。

と、○介クンの紹介はこの程度。あとは全然よく分からない。なにせ自分からは一切喋らなかったから。ホテルの部屋に来てもらって、挨拶もそこそこですぐに「シャワーを・・・・」とボソボソ言っただけ。一緒にシャワーを浴びてくれるのはいいとして、そのシャワーの最中も喋らない。不思議なのが、アタシの方も何も喋りたくなくなるような「拒絶しているような冷たさ」が彼にはあるの。あまり話さない大人しいボーイ君っているけれど、ふつうはアタシの方からいろいろと話しかけたくなるもんよ。でも、この○介クンは違ったわ。アタシに対する態度からして「いやいやこの仕事してるんだよオレは」って感じがプンプン。

そんな雰囲気でも頑張ってアタシは話しかけるわ。頑張るのきゅ~ちゃん(笑)。だってせっかくの90分を過ごすのだもの、ギクシャクした感じで終わるのは嫌じゃない? でも、アタシの発する質問はほとんど○介の「はい」「いえ」「あんまりないです」とかそういうワンセンテンスで終わってしまう。バスルームから出てベッドのところにきて、アタシに愛撫を始めるのだけれど、乳首だけチョチョッと触れたあと、○介はいきなり「しゃぶって」と言って、ベッドに大の字に寝転がった。

アタシは「はあっ?」と思ったわ。愛撫を始めて3分も経たないのに「しゃぶって」ってあんた。珍しく自分の方から言葉を発したわと思ったらそれかい! でも、いたいけなアタシはしゃぶってあげちゃったの。そして・・・・・・そこから20分近くずーっとアタシが○介のチンコをしゃぶり続けたわ。ガチガチに固くなったハンサム○介のチンコからはシュワシュワと止めどなく先走りが出てくる。アタシはその先走りを飲み込みながら延々としゃぶり続けた。そうしたら、○介はまたボソボソと小さな声で「口の中に出していい?」って。

このアホ、このままアタシの口の中に出すつもりだわ。アタシは口からヤツのチンコを出すと、手できつく握り扱き立てた。しばらくすると○介はあっけなく逝ったわ。出した○介は何も言葉は発さずに、そしていっこうにアタシの体を触ろうともしない。アタシは思わず「アタシのを扱いて」なんてお願いしちゃったわよ! あーなんてプライドのないアタシ!(怒)

こうやって書いているだけで、また○介に対するムカツク気持ちが沸々と湧いてきたわ。○介は「口に出していい?」と私に聞いてきて、アタシが「良いわよ、アタシの口に出して」って言ったらそのままアタシの口に出してたんだろうと思う。いきなりの断定は何の根拠もないけれど、彼は同じようなことを他の客にもやっているんだろうと思う。それくらい、彼の発言が自然だったから。それってど~なの?

こんなところで糞真面目なことを書くつもりはないけれど、売り専って様々な感染症に晒される危険が高い仕事。その当人が客の口に平気な顔して射精しようする神経ってどうなんだろう。人一倍そういう危険性について敏感でなければならないはずなのに。

大介とのプレイが終わって彼が帰った後で、アタシはホテルでひとり考えていた。○介って単なる無知なのか、それともリスクがあることは百も承知で「どーせ客だから」とああいうことをやろうとしたのかと。ちょっと怖くなったのは彼がまったくの無知だったときの話。相手のリスクに無知な人間は自分に対するリスクも無知なはず。彼自身、大丈夫なのかしら? そう考えると、シュワシュワと溢れ出ていた先走りをしっかり飲んでしまったことに背筋が寒くなってしまった・・・・。勝手に心配して勝手に悩んでるだけなんだけど。

アタシは○介を指名してからあと4か月間、一切誰ともセックスしなかったの。そして今年の秋、HIVの検査に行ったわ。検査結果はね、陰性でセーフだった。そして、また秋から遊びを再開したの。

もしかしたらHIV検査をしたアタシのことをバカにする人がいるかもしれないわね。「他のボーイはもっと性感染症に対して無知だよ」って。「HIVが怖いなら売り専なんか行きなさんな」って。そうかもしれない・・・・・そうかもしれないけれど、売り専だって発展場だって自分自身がプレイの最中に注意をすれば、そのリスクをかなり低くできることは事実だと思うの。相手を掘るにしても掘られるにしてもコンドームを付けることは当たり前でしょ。生堀りなんてもってのほか。そしてできることならフェラをする時にだってコンドームを付けること。過去何人かのボーイ君はアタシのオットセイをくわえる時にきっちりゴムをかぶせていたけれど、売り専という仕事からしたらそれはまったくもって「正しい行為」だと思うわ。

【結論】
HIVのリスク云々以前に○介はボーイとして失格だったわ。今思い出したけれど、アタシがヤツのチンコをフェラしているとき、足の指でアタシのチンコをグリグリと弄んでいたの。しっかり満足いくプレイができるバリタチなボーイにそんなことされたらアタシは勃起しまくりだけれど、○介は自分からアタシのオットセイに触れようとすらしなかったんだから興奮するはずもないわ。そうそうそれからね、彼が逝ったあとで「今度はアタシの番ね!」と思っているアタシに対して「自分で扱いてみて」とまで言ったのよ。要するに客のアタシには触れたくないってことよ。それでアタシはカチン!と来て「しごいてよ」って彼に言ったのよ。こんな失礼なボーイは彼が初めてだし、他にはそうそういないはずだわ。アタシの指名した中で最低のボーイは修斗と宏樹だけれど、宏樹は指名した訳じゃないから除外するとして、最低修斗と比べたとしてもこの○介の方がボーイとしてはダメダメだと思う。ということで座布団は最低の■枚。あ~思い出しただけでも腹立たしい。
スポンサーサイト
[PR]

聖士(■■■■■)

★第16回★ M●n's
St●ffの聖士クン(画像はこちら

サイズ:170×63×26  B98 W** H**  
Pサイズ:P16
特徴:奥二重・あっさり顔・短髪・ヒゲ・ゲイ
タチ・ウケ:バックタチ・バックウケ(バックウケオプション1,000)
PRテキスト:3P・遠方・泊まり
スポーツ:ウェイトトレーニング・陸上・バスケ
カッコイイ顔人気ナンバー1 ! 超人気のスーパーボーイ ! ! さわやかで少年っぽさも残る男らしい風貌で、好感が持てるボーイです。モテ顔王道フェイスで、内容評判も良く、リピータ続出でとても愛想良く愛嬌あります。


【前説】
実はだいぶ前から「一度指名してみたいわー」と思っていたのがメンスタの聖士クン。なんでか?って言ったらメンスタの個室を利用した際にアルバムを見せてもらったのだけれど、ホムペの画像のとおりのスジ筋ボディだったから。それから体よりこっちの方が大事なんだけど、ルックス(顔)がかなり良かったから。アルバムをざっと見てみたら、体は最高なのに顔が・・・・・・というボーイ君が何人も(何人も?)いたのよねメンスタ様。あっいけない、本音を書いちゃった(笑)。アタシの好みがって話だから他の人にとってはすごいイケメンなのかもしれないからあまり気にしないで! そんななか「彼ってカッコカワイイじゃな~い?」って思ったのが聖士クンだったのよ。だから、何度も指名しようと思ったのだけれど、いつも予約で一杯。売れっ子ね。

先日、特に予定もなかったし、最近忙しくてオナニーもロクにしてなかったからもう溜まって溜まってしょうがなかったからメンスタに電話をしちゃった。ホムペを見たら12月31日で引退という文字にも「いけないわ!急がなきゃ売り切れちゃう!」って思ったし。だから「今日、聖士クンは空いているかしら?」って電話して訊いたの。そしたら「大丈夫ですよ」というお返事。迷わずお願いしちゃったわ。そしてさっそく夜、メンスタ個室にレッツゴー(笑)。

【本題】
個室で迎え入れてくれた聖士クンは、以前アルバムで見た通りのイケメン。着ている服はスト系でベリーショートのヘアにラウンドヒゲ。どこからどう見ても26歳には見えない。大学生みたいな若いカッコ。誰かに似ていると思ったけれど、ベルディの山田卓也にクリソツだわ。ヘアスタイルは今の山田とは全然違うので、山田卓也をショートヘアにしたルックスを想像して欲しいわ。

部屋に通してもらってベッドに座ってしばし雑談。不思議だったのが、初めて会った気がしないほど打ち解けて話せたこと。ニコニコ笑いながら話す聖士クンはほんとカッコカワイイ感じ。でも、一瞬真面目な顔をすると瞳が綺麗で意志の強さを感じさせるの。ナヨナヨしてる感じじゃなくて、それもグー。

そんな彼とは雑談が楽しくて気がつくと30分以上も余裕で話してしまった。いくら120分でお願いしているとはいえ、このまま話してたら1時間は軽く話してしまいそう。と思ったら聖士クンが「それじゃシャワー浴びますか?」って言ってくれたの。アタシの前で服を脱ぐ聖士クン。服の下から現れた聖士クンのカラダは、ホムペの画像よりちょっと細い感じ。画像では腹筋がクッキリしているけれど、目の前の聖士クンはちょっとだけ線が細くなったかな?って印象。でも背中は逆三角形で逞しく腕もグッと太くて言うことなし。それから画像にはなかったのだけれど、実際の聖士クンには胸毛がちょっと生えていた。カッコカワイイ顔に似つかわしくないワイルドな胸毛がセクシー。アタシは気に入ったわ。

そんな聖士クンのあとについてバスに入る。聖士クンの後ろ姿はカッコイイ。それにケツの割れ目からはケツ毛が見えててこれもセクシー。アタシ、ケツ毛は全然嫌いじゃないわ。逆に男らしくって好きなほど。バスの中でも聖士クンはいろいろと話が止まらない。楽しい。ここ最近、肝心のタチをしっかりやってくれないボーイにばかり当たっていたからか、アタシは体を洗ってもらいながら聖士クンに「聖士クンってプライベートではタチウケどっちなの?」って聞いてみたの。そうしてら「オレですか?タチですよ」だって。それでもアタシはちょっと心配だったので、それじゃ「ケツもタチれるの?」って聞いたわ。しつこいオンナって思われたかもしれないけれど。そうしたら「もちろんできますよ!」だって。そして、マネージャーからアタシがウケであることを聞いていたのか「きゅ~さんはウケなんですよね」って言ってくれたわ。これで一安心ね。しつこいババァでごめんなさい。

そして、ベッドルームに戻り、ふたり並んで座る。そしてベッドに横たわる。聖士クンはすぐにアタシの首に手を回しキスを求めてくる。絡めてきた舌を強く吸う。さっき彼が使っていたリステリンの味がして、アタシは聖士クンの舌に自分の舌を絡めた。彼もきつく舌を吸ってきた。すぐ近くでみる聖士君は顔も小さくてハンサム。こんな男が彼氏だったらいいのに・・・・と思っちゃったわ。最近そんな発想ばかりしている気がする。やっぱり彼氏いない歴が長くなってきて、人恋しくなってきちゃったのかな?

乳首をビンビン刺激されアタシのオットセイは完全勃起。その勃起を聖士クンは巧いフェラテクで責めてくれる。アタシは腰を持ち上げて聖士クンのクチマンを犯した。ふと聖士クンの股間を見たら、彼のペニスは半勃ち状態。その形の良いペニスを頬ばりたくなって彼のペニスに手を伸ばしたわ。そうしたら聖士クンはアタシの顔の方に腰をずらしてくれて、アタシはオッパイをねだる子犬のように彼のペニスをくわえて扱く。69の恰好になってお互いのペニスをクチマンで扱きあげる。聖士クンのフェラテクで、ときどきアタシは啼いてしまう。股間はギンギンのまま、気がつくとケツマンコの周りを指で刺激されていたわ。

ケツマンコへのノックで、アタシは気がつくと、はしたなく股を拡げていた。聖士クンのペニスが完全勃起したことを確認して、アタシは「入れてほしいの」と哀願する。彼は男らしい表情のまま「ちょっと待ってて」と言い、ゴムとローションを取りに行く。アタシの目の前でゴムを付ける聖士クン。上半身が逆三角形でカッコイイ。そしてアタシの足の間に入って、指をケツマンコに入れてゆっくりとほぐしてくれる。アタシはそれだけで感じて、もっと足を拡げてしまった。彼の硬いペニスがアタシのケツにあてがわれ、ゆっくりゆっくりとアタシの中に入ってくる。溜まりに溜まっていた今日のアタシは感じまくり。最初にグッと入れられただけで、勃起していないオットセイからジュワッと先走りが溢れる。聖士クンは「大丈夫?痛くない?」と聞いてくれて、アタシが「大丈夫」って答えるとグイッグイッとゆっくりピストン運動を始める。アタシのヨガリ声を聞きながらGスポットの探り上げる。アタシが「あァん、あ・・・・当たってる」と啼くと、腸壁に雁を擦りつけるようにグリグリと刺激するの。そんなことされたらもうダメ・・・・・。

プレイの途中でちょっとだけザーメンも漏れちゃったし、先走りは股間がビショビショになるくらい出てしまったし、恥ずかしかったけれど、聖士クンの責めでアタシ感じまくってしまった。聖士君、テクはかなりのもの。特にGスポットを擦り上げるテクはたまんない! こんな状態になっては股間に触れられたらすぐにはイッてしまう。彼 がアタシのギンギンに勃起したオットセイを握り扱きあげる。アタシが「イキそう!」って叫んだら、さらに力を入れてグイグイ扱かれてしまった。アタシは「イク!イク!イっちゃう!」とヨガリながら、顔を直撃するほどの射精をしてしまった。久しぶりに充実したセックス!って感じだったわ。

【結論】
ということで、M●n's St●ffの聖士クンは座布団■■■■■5枚!! なんだか最近座布団5枚ばっかり連発しているような気がするけれど、確かに満足できるプレイだったんだもの、嘘はついていないわ。バキバキの筋肉質とはいかないけれど、しっかり逞しい逆三の体、カッコかわいいルックス、お客を飽きさせない話の上手さ、それらのことすべてが自然体に感じられる。同じ店のボーイではあるけれど、ある意味桜庭君とは対極にいる子だと思ったわ。桜庭君はプロ意識やプライドがとても高くいけれど、聖士クンは逆であくまで自然体。どっちが優れているか?ってことじゃなくて、どっちもある意味しっかりとプロってこと。そしてアタシは桜庭君も聖士君もどっちも好きよ。でも残念ながら聖士君はこの年末でメンスタを辞めるんだって。それが残念だわ。まさかこんなサイトを聖士クンが覗いているとは思わないけれど、もし見てくれたりしたら言いたいの。どこかでまたボーイとして復活してほしいって。あと、いろいろ話せたこと面白かったわ。ホントはもっといろいろ話をしたかったのに。もしよかったらメール下さい。冗談じゃないわよ、アタシは本気よ。メールはこちら。dokidoki2004@mail.goo.ne.jp 来るはずのない手紙を待つのよ~アタシは~。

浩司(再登場)(■■■■■)

★第15回★Gr●tchの浩司君(画像はこちら
サイズ:173cm 68kg 足:27.5cm
年齢:32歳
絡み:タチ・ウケ両方○
体毛:薄
アゴ髭:なし
煙草:○
泊まり:△


【前説】
だいぶ前に指名したGratchの浩司君。前回指名したときは彼が売り専をはじめたばかりの頃らしくて、「プライベートではノンケだ」って言ってたわ。ノンケのボーイ君と楽しいプレイができるんだわ!と期待したのに、実際の彼とのプレイでは「見えない壁」を感じてしまってセックスの最中に醒めてしまった・・・・。顔や体、話した感じは嫌いじゃなかったのにね。だから浩司君はマイナスの印象はあったのだけれど、決してダメダメではなかったの。

先週末、仕事が遅くなってしまって東京に帰れなくなっちゃって急遽大阪に泊まることに。ホテルでケツマンが疼いてしょうがなくなって、いつものとおりGratchに電話をかけた。この時実は浩司君以外のボーイ君を指名したのだけれど残念ながらこの日はお休みで、そうしたら電話口のお兄さんが「タチなら浩司君がオーケーですよ」とお奨めしてくれたので、めちゃくちゃ乗り気!って訳じゃなかったけど再度指名してみたの。ダメもとみたいな感覚かしら?

【本題】
ホテルで待っていたら22時ちょうどにベルがなった。ドアを開けるとナイロンパーカーを着た浩司君が立っていた。「こんばんわ」って笑顔で挨拶をしてくれた浩司君の姿を見たら、思わず「やっぱり浩司君っていいかも」って思ったわ。めちゃくちゃハンサムって訳じゃないけど(ごめんね)、でもやっぱりカッコイイ。誰かに似てるのよね~と思っていたけれどその場では思い出せなかった。ちょっと前にテレビを観ていたら浦和レッズ優勝のニュースをやっていたのだけれど、そこに出ていた「野人岡野」を見て、「あ!浩司君だわ!」って思っちゃった。そうなの、浩司君ってば岡野雅行に似てるのよね。岡野選手の髪はロングだけれど、浩司クンはショートヘア。でも、ヘアスタイルを除けば顔はそっくりだわ。

浩司君に部屋に入ってもらって、二人でベッドに腰掛ける。久しぶりの彼は髪にワックスを付けてピンピン立ててて、色も茶色で明るい感じでオシャレ。パーカーを脱いだらタンクトップ姿で、肩から腕にかけて筋肉の筋線がピッと張ってて相変わらず脂肪のない筋肉質ボディ。かっこいいな~。アタシもこういう30代になりたい。これじゃプライベートではモテモテじゃないのぉ?

ホント久しぶりに会ったのに、浩司君はアタシが驚くくらい饒舌だったわ。とにかくオモロイ関西弁で喋る喋る。なんだか彼と話すこと自体が楽しくなってしまって、話ながら「アタシ達いつになったらシャワーを浴びるのかしら?」って思ったほど(それくらい楽しかったのよ)。でも、その会話の中にも(あまり詳しくは書けないけれど)浩司君の人とナリが分かるような、本音と思えるような発言がいくつもあって、そういう意味でも心から会話が楽しめたわ。

アタシは売り専体験談を書くときにはいつも、ボーイ君との会話の中身は極力書かないようにしている。だってそれはプライベートなことだから。ボーイ君が言うことはもしかしたら嘘ばかりかもしれない。でも、彼らと話をしていると会話が楽しくて、嘘なんか言われているようには思えない瞬間だって何回もあるの。嘘もホントも含めて、ふたりっきりになっているから話してくれることだし、その話の内容自体はアタシがお金を払っているサービスの対価には含まれないと思っている。だからここには極力書かないようにしているの。

でもね、プレイの最中に彼が何をしたのか、アタシが何を気に入って何を気に入らなかったのかは書いてきたつもりだし、これからもドンドン書くつもり。こっちはアタシがお金を払ったサービスの範囲内のことだと思うから。お固い話かもしれないし金金金とお金の話でいやらしいかもしれないけれど、アタシのスタンスを理解してもらいたいと思ったから書いておくわね。

だから浩司君との会話の内容はあまり書けないけれど、前回浩司君が売り専をはじめた直後に会って時から、浩司君の中で売り専という仕事に対する認識や考え方が変わったことがなんとなく分かったわ。前回浩司君に会った時に感じた「心の壁」は、確かに浩司君の心の中に存在していたのよ。少しずつ彼の気持ちが変わってきたことが感じられて、それが良い方向での変化に思えて、客としては歓迎するべきことだと思ったわ。つまりこの後のプレイも期待できるってことよね。

シャワーを浴びる。浩司君の裸を眺める。前回会った時と変わりないボクサーみたいなスジ筋ボディ。肌も滑らかで思わず手で触れてしまう。バスルームから出て部屋に戻りベッドに腰掛けると、すぐに浩司君がアタシの肩を抱いてアタシを押し倒す。そしていきなりのキス。あ、ほんとに浩司君は変わったのかもしれない。アタシはそう思った。前回はブサイクな客(アタシのことよ)にはキスすることすら躊躇していたように思えたけれど、今日の浩司君は何度も舌を絡めてくれる。アタシのオットセイは彼とのキスだけで半勃ちになってしまった。恥ずかしい。

その後は文句なしのプレイだったわ。アタシの性感帯をしつこくしつこく責めてくる。上半身への愛撫だけでアタシはギンギンに勃起して、浩司君がアタシのオットセイをしっかりくわえて顔を上下させてくれる。こんなにイケてる彼がフェラしてくれている光景にメチャクチャ興奮して、彼のクチマンの中でオットセイは最高に勃起していたわ。

体勢を変えて、膝立ちしている浩司君のアレを口に入れアタシはしゃぶりつくす。目の前のガタイの良い男のペニスをくわえられることに幸せを感じる。彼の勃起を喉の奥の奥までくわえこみ、そして雁の周りをグリグリ刺激する。浩司君は男らしくアタシの頭に手をかけて前後に動かそうとする。その要望に応えるように、彼のペニスの根元のしっかり握り、そしてギンギンになったペニス舌と口で愛撫する。浩司君はアタシの乳首が性感帯であることを見透かしていて、両手でアタシの乳首をビンビン刺激する。時々電気が走るような快感が走り、アタシは思わず「あァん!」と啼き、くわえていたナニを口からこぼしてしまう。どうしてこんなに乳首が感じるのか自分でも分からない。目の前で勃起しまくったモノを見ていたら、いつものようにすぐにケツマンコにほしくなった。アタシは「ケツに入れて・・・・・」と浩司君にお願いする。浩司君は静かな声で「ん?入れる?ちょっと待ってて」と言って、ベッドサイトからゴムとローションを取り出した。

浩司君はアタシから見えないように気を遣いながら、勃起したペニスにゴムをかぶせる。そしてローションを手に取ると、アタシのケツマンコに指を一本ゆっくりと刺し入れる。そして入れた指をグリグリ動かしてアタシのGスポットを探し当てようとする。指はすぐに二本になり、Gスポットをグリグリとこすり上げる。汚い話だけれどGスポットを責められるとウ○コが出そうなオシッコが出そうな切ない快感がケツの奥から湧き上がってくるの。このときも同じで、切ない快感がケツの奥から湧いてきてよがってしまった。そしてその快感の中でチカラを抜くと、指のかわりに浩司君の硬いペニスがグイグイケツマンコを押しひろげてアタシの中に入ってきた。

浩司君の雁がGスポットをこすり上げる。アタシは体の力を抜いてケツに神経を集中させる。そうするとさっきの切ない快感を通り越してチンコの奥とケツの奥が繋がったような感覚になる。浩司君が男らしく腰を打ちつけるたびにケツの奥がジンジン痺れてくる。そのときのアタシは、気がつくと「当たってる!当たってる!」ってオンナみたいな声をあげてよがりまくっていた。浩司君はそんなアタシを真剣そうなクールな眼差しで見つめ、そして止まらないピストン運動でアタシのケツマンコを掻き回すの。

アタシはもう息も絶え絶えだった。そしてGスポットをグイッとこすり上げられた時、我慢できなくてトコロテンしてしまった。量は少なかったけれど、久しぶりにケツの気持ちよさだけでイッてしまった。でも浩司君のガン堀りは止まらない。ガンガン掘りながら浩司君がアタシの乳首を刺激し、ローションを付けた手のひらでアタシのチンコを刺激する。雁のところをきつく刺激されオットセイはすぐにギンギンになり透明な蜜を止めどなく溢れ出させる。あ・・・・・アタシの射精が近い。乳首を摘まれオットセイを扱き立てられ、そしてガンガンに腰を打ちつけられ、マグマが煮えたぎってくるのが分かる。アタシは大声で「イキそうイキそう!」と叫び続け、その声に合わせてオットセイを握る彼の手の力も強くなり、痛いくらいの力でチンコを扱かれる。アタシは自分の両足を抱えながら彼のペニスをケツマンコでくわえ、そして体をガクガク揺らしながらぶっ放した。飛び散ったザーメンは胸から腹からあっちこっちに飛び散って、まさに大爆発したようだったわ。

浩司君のペニスがケツマンコから引き抜かれたあと、アタシのマンコはパックリと口を開けたままだった。

【結論】
ということでGratchの浩司君は座布団■■■■■5枚!! 男らしく一生懸命責めてくれたプレイの内容は満点だったわ。プライベートではウケなのに仕事では頑張ってタチをやっているボーイ君もいるけれど、浩司君はたぶんプライベートでもタチなんじゃないかと思う。そんなふうに思えるほど男らしいプレイだった。この日は90分プレイでお願いしたけれど、できることなら120分でお願いして、アタシがおかしくなるくらい掘りまくってほしいと思ったわ。浩司君は体もプレイも最高で会話も面白い、人間的にも落ち着きがあって魅力的な男。正直言えばプライベートで付き合ってもらいたいと心から思っちゃったほどよ。こんなアタシに好かれたら浩司君もいい迷惑だろうけれど、これは本音。

ゆうたろう君(未体験)

今回ご紹介するボーイ君は「正真正銘現役体育会の君」。

http://www2.ocn.ne.jp/~bluelagn/boy/yuutarou/yuutarou.html
ゆうたろう 175×63 21y p13
バックタチ△ウケ× からみタチ○ウケ○
現役体育会!第3弾!
部活一筋、とにかく真っすぐな性格です!
東京にも、こんな子がいるんですね~。
もちろん、体はご覧のとうりです!


売り専のボーイ君だからとかそういうことを抜きに「こんな若い男と付き合ってみたい!」って思ったのが、BlueLagoonのゆうたろう君。「現役体育会!」ってブランドにクラクラっときたのは事実だけれど、ホムペの画像で分かる彼のハンサムフェイスでドキドキしちゃったわ。乙女なナオンねアタシ

手足がスラッと長いスジ筋。しっかり鍛えていることが分かる体はすごく綺麗。175cmだからアタシより背が高いわね。頼もしいわ。抱き締めてもらいたい。でもね残念なのがゆうたろう君はバックタチが△だってこと。そうなの△なのよ。直希君と一緒・・・・・

ブログにゆうたろう君のことを書こうと思って、思い切って一度も利用したことのないBlueLagoonに電話したの。電話口に出たお兄ちゃんにバックタチ△のことを尋ねたら「ゆうたろう君はノンケなので、正直言いましてバックは得意じゃないんですよ」という返事。曖昧なことを言わないでハッキリと答えてくれたところは好感が持てた。バックが得意じゃないならアタシも淡い期待はしないし。それならそれでバック無しで短めの時間でお願いしたって良い訳だし。ケツマンを責めてもらうことは忘れて、ゆうたろう君の体をじっくりと味わうことにするわ。←なんだか怖いオバサンみたい。

BlueLagoonはゆうたろう君以外でもあっちこっちにおいしそうな男がいるわよ。例えば12月15日で退店予定のあきと君なんてもうジュルジュル(笑)。

http://www2.ocn.ne.jp/~bluelagn/boy/akito/akito.html

顔も童顔ハンサム!体はゆうたろう君よりさらに逞しくてがっしりしてるわね。下半身の画像なんか見たら思わずオットセイが勃起ちゃったわ(汗)。あーん、15日で退店なんてそんな殺生な!あきと君はバックタチ○だったので是非お願いしたいと思ったのに・・・・・・。

hit019君(未体験)

今回ご紹介するボーイ君は「後ろ姿の君」。

http://www.hita.net/boyphoto/019.html
年齢:32才
身長:175cm 
体重:75kg
Pサイズ:16cm
アナルSEXの場合:タチ&ウケOK
※つるつるのキレイな肌。がっちりしたスイマー体型で男っぽい顔。内容も◎


ボーイ君の紹介なのに後ろ姿しか写さないのはどうしてなの? ホムペを見ながらアタシはあれこれ考えてしまったわ。胸とか腹に大きなシミや手術跡でもあってそれがコンプレックスなのかしら?とか。それともhit019君から「俺は後ろ姿が最高なんだ。だから後ろ姿だけ載せてよー、ねぇマネージャー」と依頼されたのでは?とか。他のボーイ君は小さいながらちゃんとした写真が載っているのに、hit019君だけは後ろ姿オンリー。謎が深まるわ。

でもさすがに自慢の後ろ姿だけあって(勝手に自慢なんて決めつけてるわアタシ)、32歳とは思えないツルツルの肌、硬そうなケツタブ、逞しい下半身、がっしりした肩、フェロモンムンムンな大人の体でたまんな~い。身長もアタシより高いしこんな逞しい体で抱き締められたい!って思ったわ。タチもできるそうだから1回お願いしたいと思っているのよ。

ところでアタシはこのHitアスリートって店、利用したことがないのよね。ちょっと値段が高めだったりホムペがイマイチ垢抜けなかったりで不安だったの。ボーイ君はかなりレベルの高い子揃いだから頼んでみようっかなーっていつも思うのだけどね。

いつもクレクレ君になっているけれど、誰かここを利用した方っていらっしゃらないかしら?

«  | HOME |  »

プロフィール

きゅ~

Author:きゅ~
某アパレル企業勤務の男です。でも、心と体はオンナなの。そこんとこよろしくね。
このBlogではアタシのハートを震わせてくれた素敵なセックスワーカーの男たちをご紹介します。



アクセス解析


FC2 Blog Ranking

 

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク