FC2ブログ

2006-06

Latest Entries

海斗君☆HITアスリート

【前説】
アタシ、最近窮屈に感じることが多いのよねぇ。何が?っていうとアタシのBlogはあれこれ大勢の人に見られているらしいから、最近ではめっきりキツイことを書けなくなっちゃったのよ。気がつくと自己規制してるってゆ~の? またあれこれ批判めいたことを書くと、どこの誰か分かんない人たちからあ~だこ~だ非難があるんじゃないかしら~?って思ったりして。臆病なアタシなの。

だから、勘の良い人は気がついてたんじゃないかと思うんだけど、最近めっきり座布団1枚とか2枚のボーイさんの体験記ってBlogに載ってないでしょ? それは、指名して気に入らなかったボーイさんのことは体験談自体書かないからなのよ。だから「最近きゅ~さんってば良いボーイさんにばかり当たっていますね!」なんてメールをいただいても、そうじゃないのよ~違うのよ~って話なのね。

でもね、ふと思ったのよ。そんなのでいいのかしら?って。アタシがホムペを始めたのは、売り専についてなんでもかんでも好きなことを言いたかったからなのに、いいことしか書かないってのはど~なのかしらって。

だから今回は体験談を書かなかったボーイさんをご紹介したいと思います。なんてゆ~のかしら「きゅ~のお蔵出し」って感じかしら。まずは今回が第一弾、
HITアスリートの海斗君ね。

店名:HITアスリート
名前:海斗君

スペック:年齢:28歳
身長:174cm
体重:68kg
Pサイズ:19cm

バックタチウケ:タチ
紹介文:サッパリ系顔。Pサイズは特大(19cm)No,1。
話し上手で明るい性格がGOOD
巨根マニアに大人気!
バックの立ちも上手、リピート多数。腹筋が綺麗なガッチリ水泳体系
※お早めにご予約をどうぞ!!
大変人気があるBoyのため、出来るだけご予約でお願いいたします。
 画像はこちら


【本題よ】

ヒサシ君のところでも書いたけれど、もともとHITを利用してみようって思ったのはこの海斗君を指名したかったからなの。だってね、ホムペの画像を見てよ。鍛えて締まった鋼のような筋肉ボディにとんでもない大きさのデカマラそして茶髪のベリィショートのオシャレさんな雰囲気・・・・・・顔は分からないけれど画像だけでこれだけイケてるボーイさんも珍しいわよ~。アタシのマンコもヒクヒクモンよ(笑)。

だからアタシは思わず一目惚れしちゃってHITに電話をかけちゃったのよね。でも海斗君は人気ボーイさんなのかしら?残念ながらその日は空いていなくてヒサシ君を指名することになったってワケ。

実はねヒサシ君を指名した翌週にまたケツマンコが疼いて我慢できなくなってHITに電話しちゃったのよ~。アタシのケツマンったら一体どれほど疼いたら静かになるっつ~のよ。自分でも嫌んなるわ~。ま~でも彼氏がいたら付き合い始めの頃は週2~3回エッチするのも当たり前でしょう?それを考えれば別に翌週にHITに行ったっておかしかないわよね。自分でもチョー自己中な理屈だと思うけど。

まぁとにかく今度は海斗君の予約も無事取れて、HITのお店に向かったわ。そして、当然のようにまたあのロフトってか屋根裏部屋?に通されたわ。それにしてもやっぱりこの屋根裏部屋は馴染まないわ~。天井が低いから圧迫感があるものね。アタシ背は170cmなんだけれど、そんなアタシでもちゃんと立ったら天井に頭がぶつかっちゃうわよ。

シャワーを済ませバスタオルを腰に巻いて海斗君が上がってくるのを待つ私。もうすぐ夢にまで見た完璧ボディを持つ海斗君が現れるのよ~。アタシのオットセイはバスタオルの中で半立ち状態になっていたわ。そ~いやここ1週間オナニーもしてないものね。海斗君を待っているだけで半立ちにもなるってものよ。

しばらくするとギシギシと音を立てて梯子を登ってくる音がする。そして屋根裏部屋の小さな入り口にあらわれたのは、画像の通りの完璧ボディを持った海斗君だった。いやん画像通りのセクシーで筋肉質な体。完璧スジ筋ボディとでも呼んでしまいたくなるような、鍛えられた体だわ。その海斗君が入り口でいきなり腰に巻いていたバスタオルを取ったの。そうしたらこれまた勃起もしていないのにデカイ竿があらわれたじゃないの~。それもズル剥けで凄く形の良い竿なのよ。もうその場でむしゃぶりつきたくなっちゃったわ。

肝心の海斗君の顔はプロフより年齢が上に思えたわ。ホムペの年齢表示は28歳だったけれど、アタシが見た感じではそれより2~3歳上って感じ(ごめんなさいね、海斗君)。心の中で誰かに似てるわね~?って思って「誰かしら~?誰かしら~?」って考えていたら・・・・・思いついたわ。

漫才コンビの:ブラックマヨネーズの左側にちょっと似てるかもしんない(笑)。

でもねアタシは海斗君のルックス嫌いじゃないわよ。だってブラックマヨネーズの左側も、アタシ的には充分イケるんだもの~(あら言っちゃったわ~)。頭髪がかなりヤバイ状態(ブラックマヨネーズの方ね)なんだけど、そんな禿げっぷりも逆にイケるし、学生自体柔道をやっていたから、体だってガッシリしてるのよ。え?フォローになってないって?何言ってのよ、しっかりフォローになってるわよ。

そんな海斗君、上に書いたようにボディとチ●コは完璧だったわ。

でもね、SEXは最低だったの。いろいろなボーイさんと会ってきたけれど、プレイから感じるヤル気の無さから言ったら3本の指に入るわね。それくらいのヤル気の無さだったのよ。

彼が近づいてきてアタシはさっそく布団の上に横になる。そうしたら海斗君は横に滑り込んでくるのかと思ったらアタシの腰のあたりにドカッと腰を下ろして胡座をかいて座ったの。アタシ思わず「はっ?」って言いそうになったけれど、まだSEXは始まったばかりだしここからどういう展開になるか分からないじゃない?アタシは海斗君の出方を待つことにしたわ。

そうしたら海斗君アタシの乳首に手を伸ばし刺激し始める。まず右の乳首そして左の乳首。アタシが感じているのを確認しながら交互に乳首をいじるの。それも片手で。アタシは乳首責めをされるとすぐに完全勃起しちゃうタチなのよね。そんなアタシのチ●コを見た海斗君は乳首を刺激しながらアタシのチ●コをいじりはじめる。人差し指と親指で汚い物をつまむかのように。

そんな愛撫とも思えない愛撫を海斗君は胡座をかいたまま手だけ動かして続けたの。胡座をかいている海斗君の目の前に横たわっているアタシ。そんな二人をハタから見たら、何やら「心霊手術を受けている患者と霊能者の図」のように見えたはず。とてもじゃないけどSEXしている二人には見えなかったでしょうね。

アタシ思わず海斗君に聞きそうになったわ。SEXってさ人間同士が肌と肌を触れ合わせるものなんじゃないの?って。指だけ動かされて乳首やチ●コを触られても、やられてるこっちは全然盛り上がらないわよ・・・・・・そんなことを思いつつしっかり勃起していたアタシなのだけれど(汗)、そんな愛撫を受けながらアタシは「もしかしたら海斗君は極力客に・・・・・・というかアタシに触れたくないのでわ???」なんて考えてしまったわ。

勃起はしてても心は冷めて・・・・・・な状態のアタシは「どうやったら元が取れるかしら?」ってことを考えて始めていた。こんな海斗君のことだからアタシからお願いしなきゃたぶん手コキで済ませようとするでしょう。それじゃ目も当てられないのでアタシは小声で海斗君に「海斗君のデカマラでアタシを犯して~ん・・・・・」ってお願いしたの。猫なで声ってこういう声よ!くらいの猫なで声で。アタシも女優ね。

そんな冗談はさておき、とにかくこのデカマラで犯してもらえたら、少しは気持ちよくなるんじゃないのぉ?って思ったの。そうしたら海斗君立ち上がりアタシを跨いで膝立ちになりまだ全然硬くなってないデカマラをアタシの前にズローンと差し出す・・・・・・。「こら海斗。アタシのチ●コは親指と人差し指の2本指でしかつままないくせに、自分のチ●コはしっかり口でしゃぶれってか? アタシだって高校時代は熊本で番張ってたんだよ!舐めんなよ」・・・・・とまた心の中でだけ思って次の瞬間速攻で海斗君のデカマラを舐めに行ったわ。やっぱり形の良いデカマラには勝てなかったの。バリウケなオンナの性ね・・・・・・・トホホ。

でもねぇ困ったことに海斗のデカマラはいくらくわえても硬くなんないのよ。売り専ボーイさんをフェラだけで行かせちゃったこともあるアタシのフェラをもってしても、全然硬くならないの・・・・・。正直言ってアタシ自分のテクにちょっと自信が無くなっちゃったわ。

そんなフニャマラもしばらくフェラっていたら半立ちくらいになったわ。そうしたら海斗君アタシの足の間に移動をしてアタシのケツに入れようとする。

・・・・・・・・・ということで海斗君との体験談はここまでだわ。その後アタシのケツマ●コに海斗君のデカマラが入ってきたのだけれど、その時には既に半立ちからフニャチン状態に逆戻り。せっかくのデカマラなのにいくら掘られてもフニャチンでは全然ケツが感じなかったわよ。挙げ句にアタシのチ●コを扱きまくってさっさとアタシを行かせようとするし・・・・・・。

このボーイさんどうなってんのかしら? まぁこんな海斗君なので当然ながらキス無しフェラ無しだったし。

【結論】
という訳でHITアスリートの海斗君は座布団■1枚! 海斗君ってかなり長くボーイさんの仕事をやっているんでしょう? それなのに新規の客にこんなヤル気のないプレイでいいのかしら? 新規客なんかなくてもリピーターだけで充分に潤っているからブサな新規客なんて要らね~よと思っているのかしら?・・・・なぁ~んて勘繰ってしまうほどの手抜き&フニャチンプレイだったのよ。あんなに素敵な体とデカマラを持っているのに、それを一生懸命使おうとしないのは本当にもったいないわねぇ・・・・と正直思ったわ。

今回はたまたまアタシに対するサービスが最低だったってだけで、本当はしっかりバリタチプレイしてくれるボーイさんだったらいいのだけれど、そのへんどうなのかしら? 皆さんの体験談をコメント欄にお寄せ下さいませ。「そんなことないよ、しっかりバリタチプレイだったよ」という体験談があれば、それはそれで大歓迎だわ。だってアタシの体験談なんてたった1回のことだもの。下の注意書きにもあるようにアタシの時はたまたまだったのかもしれないものね。なんだか必死にフォローしてるわアタシ。

ここまで読んだら、下のアイコンをクリックしてね。お願い。
↓↓↓↓↓↓
e_01.gif


 ★ご注意★この体験談はあくまでわたくしきゅ~が個人的に体験したことの一部分を書いたものであって、そのボーイさんのサービス全てを記したものではありません。くれぐれもその点を誤解なきようにお願いします。
売り専とは人を介したサービスですから、日によってもしくはお客側の対応によってボーイさんのサービス内容が変わることは大いにあり得ます。また、ボーイさんのルックスについての表現はアタシの主観的判断であり、すべての人が同じ評価をするものではありません。
売り専はあくまで「遊び」なんですから、アタシの体験談を読むことだけで簡単にボーイさんを判断・評価することはしないで、物は試しとどんどん遊びにチャレンジして欲しいと思います。よろしくね。

スポンサーサイト
[PR]

«  | HOME |  »

プロフィール

きゅ~

Author:きゅ~
某アパレル企業勤務の男です。でも、心と体はオンナなの。そこんとこよろしくね。
このBlogではアタシのハートを震わせてくれた素敵なセックスワーカーの男たちをご紹介します。



アクセス解析


FC2 Blog Ranking

 

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク