FC2ブログ

2019-10

Latest Entries

海人君☆Men's Staff

店名:Men's Staff
名前:海人君

スペック:サイズ : 175×75×23 B105 P18
色黒はっきり顔イケメン九州男児・短髪・アゴヒゲ・ゲイ
スポーツ : ウェイトトレーニング

バックタチウケ : タチ・バックタチ ウケ 3P・遠方 ※バリタチボーイ

紹介文:性欲の秋!新人食べ盛り企画第5弾!       
▼未完の大器!満を持してデビュー!
 メンスタの若きNEW STAR☆ 極上テクのバリタチマッチョ!チンコは、
 
上反り・バツグンな起ち・最高の形!
 業界では引っ張りだこ間違いないガタイとルックスも必見です!
 イケメンにSっぽく責められよう!
 タフでエロいパワフルなオトコのSEXに卒倒者続出中☆精子満タン
 準備万端でお待ちしてます!
 ウケを徹底に研究し尽くし何人ものウケを狂わせてきたつわものです!
 ウリは初めて鮮度抜群!

 画像はこちら

【前説】

最近めっきり売り専ともご無沙汰なアタシ。かれこれ2ヶ月くらい行ってないかしら? でも久しぶりにケツが疼いてきちゃってネットを調べ始めたの。でもあっちこっちのホムペを見ても「このボーイさんだわ!」って子にはなかなか出会わない。そして最後にチェックしたのはメンズスタッフのホームページだったの。

最近めっきりご無沙汰のメンズスタッフ。気がつけばしっかり値上げされてるメンズスタッフ。それにバリウケボーイさんか、ホントはウケなのに頑張ってタチもやりますな似非リバボーイさんしかいないような気がしたもんだからご無沙汰だったのよねぇ。似非リバボーイさんというのはアタシの勝手な思い込みかもしれないけれどごめんあそばせ。

改めてメンズスタッフのホムペを見たわ。スタッフ紹介ページを見たけど、相変わらずガタイをしっかり鍛えている素敵なボーイさんばかりだわ。これだけ身体の凄いボーイさんを揃えているっていうのはやっぱりさすがね。アタシ感心しちゃったわ。そんなことを思いながらボーイさんを見ていたら、あるボーイさんに目がとまったの。それが今回指名した海人君なの。

まずは、ボーイさんの紹介文を見てくださいませ。これだけバリタチなプレイを喧伝しているボーイさんの紹介文ってのも滅多にないわよ。ボーイさんの紹介文なんてどうとでも書けるけれどここまでバリタチだと書いてあるからにはボーイさん本人もよほど責めに自信があるんでしょ? そんなやる気満々な自信が感じられる説明文にアタシは釘付けになってしまったの。

でもねぇ・・・・海人君という名前を聞けば、BODYPLANTのチョー手抜きボーイの海斗君を思い出しちゃうのよ笑。海人って名前、縁起が悪いわ。だからメンスタの海人君は大丈夫かしら?なんて思いながら、受話器を取ってメンスタさんに電話をしたの。

いつもの声の高いマネージャーさんが電話口に出て、海人君を指名したいことを伝えたわ。ボーイさんのスケジュールを見ても海人君っていっつもソールドアウトじゃない?いちおうホムペでは明日は空いてるみたいだけれど大丈夫かしら?

・・・なんてホムペのソールドアウト表示を無邪気に信じていた私なんだけれど、以前某メンスタのボーイさんを指名して話をしたとき、「○○君は先週もずっとソールドアウトだったじゃない?凄い人気なのね!」ってアタシが聞いたら、「先週は休みで全然こっちの仕事してなかったんですよねえ。ホームページはソールドアウトの表示になってました?笑」なんて逆に聞かれたわ。

それを聞いて「あぁそういうことなのね」って思ったわ。ホントにホントにソールドアウトなこともあるんでしょうけれど、ボーイさんが休みの時は「休み」って書かないでソールドアウトって表示にしておけば、アホな客・・・・・ってアタシのことだけど・・・・・・は「彼って人気ボーイさんなんだからプレイも良いんでしょうね!絶対指名しちゃうわ!」なんて勘違いして指名を入れちゃうんだわ~。そんなカラクリを知ってしまってからはメンスタのソールドアウト表示は信用できなくなっていた。でも本当にソールドアウトな場合もあるので、この海人君にはかなり期待をして指名したって訳よ。

【本題】
予約をした日、アタシはメンスタの個室に向かったわ。階段を上がってドアのチャイムを押すとすぐにドアが開いて男が姿をあわらした。背が高くて今っぽくて大人しい感じのボーイさん、それが海人君だったわ。

大人しめな声で「どうぞ」と招き入れられ中に案内される。部屋は暖房が効いて暖かい。アタシはコートを脱いで、海人君の第一声を待つ。先日のアワードのところでも書いたけれど、ここでいきなり「シャワーを浴びますか?」と聞いているボーイさんはほとんどアウトだから。

今回の海人君は20代前半の若いボーイさんと言うこともありアタシはドキドキしながら彼の言葉を待っていたわ。そうしたらね、初めましての挨拶から結構自然に会話に入っていったの。あ~いきなりシャワーを浴びるんじゃないんだわ~ってアタシ安心しちゃったわ。

その後、結構あれこれと話したアタシ達。その会話の中でも「この間タチのお客さんが来たんだけど、逆にケツ開発しちゃったんだよね」なんて勃起物のチョーバリタチ発言もあってアタシは終始ドキドキしていたわ。

それに海人君の顔ってちょっとオリラジのあっちゃんにも似てるような気もしてアタシ結構好きな顔かも。年が若い割には落ち着いた感じがする海人君ってベッドではバリタチなんだわ~って想像するだけでアタシ股間が疼いちゃった。いやん。

気がつけば結構長いあいだ話していてアタシ達。気がつくとプレイの時間も短くなってきたわ。だから、そろそろシャワー浴びようっかって、アタシから切り出しちゃった。そうして、お互いに服を脱ぎ始める。海人君は着ていたスウェットを脱ぐ。そうしたら、ホムペの画像より少しだけ細く見える鍛えられた素敵な体があらわれた。いや~ん若い男の締まった体っていつ見ても素敵!アタシすっかりオバサンになった気分で彼の裸を眺めていたわ。そしてパンツも脱ぐ海人君。パンツの下には、ちょっと大きめの竿が隠れていたのね。この竿がギンギンに勃起してバリタチ海人君の刀としてアタシをズブリと刺すのだわ~。

シャワーを浴び終わってベッドに横になるアタシ、それを見ている海斗君。アタシは海人君がすぐにアタシの上に覆い被さって抱きしめてくれるのを待っていた。海人君がベッドに乗ってきてアタシの横に座ったわ。え?どうしたのかしら?と思ったら、指が伸びてきてアタシの乳首に触れたわ。そうして、アタシの乳首を愛撫しはじめたの。

でもね、その愛撫はなんだかヤル気のない愛撫。ちょっと拍子抜け。でもそれは海人君が若いからしょうがないことなのかもしれない・・・・そう思って海人君の様子を見ていたの。でも、彼の愛撫は相変わらず単調で心の中でアタシが「もっとしてもっとして!」なんて思っていることなんて全然想像できない様子で、あっという間に乳首への愛撫は終わったわ。

そうして、アタシの股の間に滑り込んだと思ったら、アタシのチンコをしごき始める。そのしごき方は乳首の愛撫同様に単調で、また拍子抜けしてしまった。ここまでくるとアタシは海人君に対しかなり心配な・・・・というかかなりの不安を感じ始めていたわ。

だって客の体に極力触れないセックスの仕方がBODYPLANTの海斗君にそっくりだったから。同じ名前だから愛撫の仕方も一緒って訳じゃないんでしょうけど、でももしかしたらそうなのしれない・・・・と思ってしまうほどに同じような単調な・・・・全然気持ち良くない形だけの愛撫だったの。

でもねでもねアタシ最後に望みを繋いでいたわ。それは海人君がバリタチだってこと。指や口を使っての愛撫が下手だっていいの。ケツマン責めるのが上手ければそれでいいのよみたいな・・・・そんな気持ちだったのよ。

チンコをしごかれてしっかり完全勃起してしまったのを見届けた海人君は「こっちにも欲しい?」って聞いてきたわ。こっちっていうのはもちろんケツマンコよ。アタシは「うん・・・・欲しい」ってか細い声で答えたわ。そうしたら、海人君はアタシのケツマンコにゆっくり指を入れてきたわ。

彼の指はそのまま迷うことなく奥まで入ってきてダイレクトにGスポットを直撃してきたの。アタシ、いきなり気持ちよくなって「あ・・・・あぁん!」って女みたいな情けない声を上げてトコロテンしてしまったの。こんなにあっという間に漏らしちゃったのは初めて。

でもそんな前立腺責めはこの1回だけじゃなくて、「なに?ここが気持ちいいの?」なんてアタシに聞きながら、またGスポットをこすりあげるの。「あぁん・・・あ・・・」と声を上げてアタシまたザーメンを漏らしてしまったわ・・・。

凄いわ海斗君、さすがにアナル責めが得意って言ってただけあるわ。アタシもうトコロテン地獄みたいよ・・・・・・。

そんなふうにアタシのケツの奥のGスポットを的確に擦りあげる海人君のテクに脱帽・・・・・・。そして彼はアタシがトコロテンを繰り返すほどに感じていることを理解すると、アタシのチンコをしごきはじめる。アタシは前立腺をこすりあげられながらチンコをしごかれるとダメなのよ。あっという間に行っちゃいそうになるのよね。

今日もそう。ケツマンコに指を出し入れされながらカリを小刻みに刺激されたらあっという間に行ってしまいそうになる。アタシは「ヤバイわ!」って思って海人君にストップしてって言ったわ。でも、海人君は「行っちゃえよ」って言ってしごきつづけるのよ。アタシは本当にマズイと思って海人君の手を制止した。

海人君ったら本気でアタシを行かせようとしてたわね。アタシ思ったわ。「海人なんなのかしら?」って。散々トコロテンしておきながらアタシも図々しいけれど、でもねアタシは別に前立腺の快感を感じたくて売り専に行ってるんじゃないのよ。バリタチのくせして指だけで行かせようなんて手抜きは困るわ。

だからアタシはマジになって海人君の手を止めたの。我ながら大人げないと思ったけれど。なにせアタシはケツやられながらだと我慢できないたちなのよ笑。アタシはね海人君のマラで犯してほしかったの。だからアタシはGスポットをこすり上げられる快感に悶えながら言ったわ「海人君のデカマラで犯して・・・・・・」って。

そうしたら海人君「入れて欲しい?」って聞いてきて、アタシの方にまだフニャチン状態の自分のチンコを向けてきたわ。アタシはそれに黙って答える。彼の股間に顔を埋めると彼のチンコを口の中でころがしたわ。最初なかなか硬くならなかった彼のチンコも何度も口全体でしごき上げたら硬くなってきたわ。

アタシは屹立する彼のチンコをしごきながら上目遣いで「入れて・・・・・」って言ったの。

そうしたら、彼は立ち上がってアタシの足の間に移動したかと思ったらケツマンコにまた指を入れてきて、中までローションを塗り広げて彼のほどよい大きさのチンコをズプリと刺し込んできたわ。
でもね・・・・正直言うと肝心のチンコより海人君の指の方が数倍気持ちよかったわ・・・・・。いくら彼に掘られ続けてもアタシの気持ちは同じだった。それに海人君は相変わらずアタシに全然覆い被さってこない。客の身体に触れようとしない。

なんだか自分でもテンション下がるのが分かるほどガッカリしてしまったわ。

【結論】
ということで、メンスタの海人君は座布団■1枚! こんなにも人と人が交わるセックスというものの意味を理解していないボーイさんというにも珍しいんじゃないかって思ったわ。BODYPLANTの海斗君は単なる手抜きプレイだったけれど、メンスタの海斗君はバリウケ客は前立腺を刺激しとけば全てオッケイ!とでも思っているかのように、肌と肌の触れ合いがないセックスをするボーイさんなの。たぶんね海人君にとっての男同士のセックスってそういうもんなんだわ。若いからかどこかで勘違いしちゃったのかしら? もう全然わかんない。身体も素敵で、ウケ客を喜ばせるテクだってあったかもしれない海人君なのに、セックスに対する根本的な勘違いはどうしようもない・・・・・あ~もったいない話だわ。

ここまで読んだら、下のアイコンをやさしくクリックしてねん。お願い。
↓↓↓↓↓↓
e_01.gif 


 ★ご注意★この体験談はあくまでわたくしきゅ~が個人的に体験したことの一部分を書いたものであって、そのボーイさんのサービス全てを記したものではありません。くれぐれもその点を誤解なきようにお願いします。
売り専とは人を介したサービスですから、日によってもしくはお客側の対応によってボーイさんのサービス内容が変わることは大いにあり得ます。また、ボーイさんのルックスについての表現はアタシの主観的判断であり、すべての人が同じ評価をするものではありません。
売り専はあくまで「遊び」なんですから、アタシの体験談を読むことだけで簡単にボーイさんを判断・評価することはしないで、物は試しとどんどん遊びにチャレンジして欲しいと思います。よろしくね。

スポンサーサイト
[PR]

コメント

遊びの領域を出ちゃだめっすね。

メンスタで気に入ったボーイに帰りがけ、メアド渡すという、
『おっさん、はかない夢と希望をウリセンボーイにもっちゃだめだよ!』の教科書的失敗をしてしまいました。
昨晩からメンズネットの掲示板見たと云うメールが数十件・・・
掘り倒してとか、ぶち込んでとか・・・なんだろ?と思ってメールの主に聞いてその掲示板みたらオレのメアドを返信アドレスに使ってた。
最近教えたのはアイツだけなのですぐに『やられた!』って。
何が目的でメアド教えてしまったのか・・・食事でもしたかった?外で会いたかった? ヤミケンしちゃいけないの判っててやった自分がすべて悪いわなぁ。 ボーイに人間関係を求めたツケだと思って甘んじます。
直哉っていう若くて可愛いコなんだけど、役者は向こうの方が一枚上手だった。
あるいは、連絡先もらったってオーナーに報告したのかな?
で、オーナーがヤミケンみせしめにそうやってハッテン掲示板の連絡先にオレのメアド使ってこらしめた?
いやいや高い授業料でした。  メンスタ、もういいや。

反省だけならサルでも出来る様

もう名前からして充分反省されているみたいだからアタシが言うまでもないことでしょうけど・・・・・。

まず文章を読んで思ったのは、本当にそのボーイさんが掲示板に書き込みをしたのかしら?ってこと。時期的なものは符号するのかもしれないけれど、それだけで断言するのはどうかと思うわ。これ正直な感想ね。

それに相手から求められてもいないのにメールアドレスなんか教えちゃダメよぉ。捨てアドだからいいやって思ったのかもしれないけれど・・・・・。

ふつうヤミケンしたいボーイさんは自分からメールアドレスをそっと教えてくれるわよ。そういうことをしないボーイさんというのは、店を通して客とボーイという関係以外では客とは会いたくないってことよ。

同じような失敗はしちゃダメよ。

アバのイクヒサ君

お姉さんへ

いつも楽しく読んでいます。

ところで、ぼくもがっかりしたことが何度もあるので、カキコします。

久々の、かなりのガッカリだったのが、アバのイクヒサ君

年は多分40過ぎで、チンポも超小さい。

マネージャーは電話してくるお客にみんな強く勧めてるみたい。

多分、金に困ってるんですよ。

チンポは小さいです、年は40すぎてます、でも体はすごいきれいですよ、って誠実な案内すればいいのに、誇大広告の典型でした。

絶対買わないようにネ!

ケンタさんへ

イクヒサ君、指名したことあります。
彼はタチもできますが、たしかにそんなにあそこはでかくないし、
性格的にも真面目で大人しいみたいで、
一生懸命だけど、
ガンガン掘られたい人には、物足りないですよね。
ただあのカラダはすごいので、
時々指名してしまいます。
ああいうカラダを犯したい人には最高でしょうね。

ケンタ様
あら、ケンタ様、ABBAの育久君がガッカリだったの? それにしても40過ぎててチンポも超小さいって・・・・・・・アンタ、ボロクソ言うわね笑。でもさ~、ケンタ様も書いているように、もし年齢がその通りなら、ホムペでもちゃんと書けばいいのよね。40過ぎであれだけのマッチョっていうのは他にいないんだから、それなりにニーズはあると思うんだけどね。

ちょん様
育久君ってホントはウケなのかしら? アタシはそうだと睨んでいるんだけど笑。

お姉さま方


実態をそのまま開示すれば、誰も怒らないと思うんですよ。

あれは、日焼けしすぎて、紫外線と加齢で肌をどんどん破壊するタイプですね。

40過ぎで紫外線だなんて、ちょっとね。

きゅーさんへ

育久君、
ちょこッと乳首責めた時のあの声は、
ぜったいネコですってw

あ、すみません、ここは海人君でした。

なるほどね!

ケンタ様
> 実態をそのまま開示すれば、誰も怒らないと思うんですよ。
でも実態をありのまま書いたら誰も怒らないかわりに指名もほとんど入らないかもしれないわよ~爆。商売って難しいわね。でもネットのない頃はそれでもやっていけたでしょうけど、こうやってネットで情報共有できちゃうと、アコギな商売やってるところは、厳しいでしょうね。
それにしてもケンタ様「紫外線と加齢で肌をどんどん破壊するタイプですね」・・・・・・アンタかなりの毒舌ね笑。

ちょん様
でしょ? やっぱりネコよね。だってホムペの画像からもナルなネコ臭が漂ってくるもの(育久君、ごめんなさいね)。でも、タチな客からしたら、あんなマッチョを掘りまくれるのは魅力なんじゃないかしら?

華麗なるお姉さま方


だんだん気温も上がってきて、いい感じですね~。バルコニーのジャスミンはもう満開で、とってもいい香りです!走った後シャワーを浴びて、バルコニー側の窓を開けて、お茶を飲むといい感じです。

( ^-^)o旦~~

さて、商売ですが、ぼくはやっぱり、誇大広告は絶対しません。そんなことしてたら、店の信用がガタ落ちになるし、お客さんはやっぱり、繰り返し使って欲しいから。

どんな商売でも、ある程度の誠実さがないと、長続きしません。

ぼくは毒舌じゃなくて、客観的事実をそのまま述べてるだけですよ。

そう思われませんか?

ぼくだったら『かなり年食ってますが、そこらの若い連中の体よりうんとデキてますし、性格は礼儀正しくて、人見知りもせず、話題も豊富です。チンポは小さいですし、性格的にはネコなので、タチはお勧めしません。しかし、攻めたいお客様にはぴったりだと思われます』っていいますよ。ぼくの会社では、適正な適宜開示、っていってます。

ボクシング

ボクシングを探すなら http://www.umaiumai.biz/101070/205072/

人気のアメカジ ホリスター

ホリスターの検索サイト。通販、Tシャツ、ポロシャツ、ALLINTITLE:ホリスター、水着などホリスターに関する各種情報をお届けしています。 http://fantod.hartmerrell.com/

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

プロフィール

きゅ~

Author:きゅ~
某アパレル企業勤務の男です。でも、心と体はオンナなの。そこんとこよろしくね。
このBlogではアタシのハートを震わせてくれた素敵なセックスワーカーの男たちをご紹介します。



アクセス解析


FC2 Blog Ranking

 

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク